カラオケが原因?「声帯結節」の症状や治療!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『カラオケが原因?「声帯結節」の症状や治療!』をご紹介させて頂きます。

声帯にできる「シコリ」

鼻や口から取り入れた空気は、気管を通して体に入ります。その入口部分にあるのが「喉頭(こうとう)」と呼ばれる器官です。喉頭の中央には、「声帯」と呼ばれる声を出す器官が存在しています。

「声帯」は、弾力のあるヒダを左右に持っています。表面は粘膜ですが、なかは筋肉でできたヒダです。声帯は呼吸をするときは開いています。しかし、発声するときには、適度に閉じて、肺から吐き出される息(呼気)で閉じた声帯を震わせ、空気を振動させて声を出しています。

「声帯結節」は、そんな声帯を酷使することで、声帯に結節(シコリ)ができ、炎症が(喉頭炎)起こる病気です。子どもの声が出にくい、枯れている、かすれている、といったときは「声帯結節」である可能性が大きいでしょう。

「声枯れ」や「声のかすれ」が見られたら

声帯結節の症状は、嗄声(させい:声枯れ、声のかすれ)を中心に、喉の違和感、声の出しづらさといった様子があらわれます。炎症がひどくなると、喉に痛みが起こることがあります。声を出す頻度が少ない日は、症状がやわらぐ傾向があり、日によって、症状の程度に変化が見られるのが特徴です。

以前から、歌手、アナウンサー、教師、保育士、僧侶など、声をたくさん使う職業の人に多く発生している病気です。最近では、スポーツ観戦が好きな人、カラオケ愛好者にも多く見られる症状として知られています。子どもの場合は、活発な男の子がかかりやすい病気です。

カラオケで「無理に声を出して」いませんか?

声帯は、声を出すたびに左右のヒダがぶつかり合います。 その刺激が強く大きくなると、ぶつかる箇所が徐々に硬くなり、やがて「シコリ」ができるようになります。このシコリが「声帯結節」です。結節は、ちょうど、指にできる鉛筆ダコや、手のひらにできるマメのようなものをイメージすると分かりやすいでしょう。

声帯結節は、
(1)大声を出す
(2)よく叫ぶ
(3)よく歌う
(4)よく話す
など日常的な声の使いすぎが原因で起こります。カラオケ好きの場合、力を入れすぎた無理な発声方法によって「声帯結節」にかかる人が多くいます。患者のほとんどは、両側の声帯に、ほぼ対称性に発生するといわれています。

ほとんどは「声帯の安静」で自然に治る

声が枯れる状態が続いて、声を出しづらいといったお悩みがあるようなら、早めに「耳鼻咽喉科」「ボイスクリニック」を受診し、専門医に相談するとよいでしょう。診断は、「間接喉頭鏡(小さな鏡)」や「喉頭内視鏡(喉頭用の極細のファイバースコープ)」などを使って行われます。

結節が見つかると、「声帯結節」の診断が確定します。声帯結節の治療は、声を出し過ぎない生活を送る、正しい発声方法を身につけ実践する、を基本に経過を観察するのが一般的です。声帯を安静にすることで、自然に治るケースがほとんどだからです。

症状によっては、「消炎剤」を処方されることがあります。また、仕事の都合上や、症状の程度によっては、ときには結節を切除する外科手術(喉頭顕微鏡下手術)が検討されます。手術には、3日程度の入院が必要になるでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る