急なダイエットで起こる?「耳管開放症」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『急なダイエットで起こる?「耳管開放症」とは?』をご紹介させて頂きます。

耳管が「開きっぱなし」になる病気

「耳管開放症」とは、通常は閉じている「耳管(耳・鼻・のどをつなぐ管)」が、開いたままになり、さまざまな症状が起こる病気です。人間の耳管は、普段は閉じていますが、ツバを飲み込む、あくびをするといったタイミングで、開放する仕組みになっています。開放するのは、中耳(鼓膜の奥の空間)の圧力(内圧)を調整するためです。

ところが、耳管を開いたままになると、めまい・耳鳴り・聴力低下などの症状があらわれます。そして症状が続くと、精神的なストレスがたまり、日常生活を普通に過ごすことが困難になるでしょう。耳管開放症は、無理なダイエットのあとや、妊娠のタイミングによって起こりやすいことから、男性より女性にやや多く発症するといわれています。

自分の「話し声」が頭に響く

耳管開放症の症状は、おもに
(1)耳閉感
(2)自声強聴
(3)自己呼吸音聴取
の3つが挙げられます。「耳閉感」は、耳がこもる感じ、耳がふさがった感じとともに、頭がボーッとする症状が見られます。耳への空気の出入りがうまくいかない状態で、この症状は中耳炎などでも見られます。

「自声強聴」は、自分の話した声が耳や頭のなかで、グワングワンと大きく響いて聞こえる症状です。耳管開放症にかかる患者の約90%が経験するといわれています。他人の話し声が聞き取りづらく、日常的な会話にも支障が出ることでしょう。

「自己呼吸音聴取」は、常に自分が息を吸っている(呼吸している)音が聞こえる症状です。耳管開放症のみで見られる特徴的な症状といえるでしょう。呼吸にあわせて、鼓膜を内側から叩かれるような音が聞こえます。他にも、頭痛、めまい、肩こりなどに悩まされることがあるでしょう。

急なダイエットで「耳の脂肪」が痩せて起こる

耳管開放症の原因は、さまざまありますが、大きなものとして「急激な体重の減少」が挙げられます。急激に体重が落ちると、耳管のなかを適度に締める役割の「耳の脂肪細胞」もあわせて痩せてしまうため、常に耳管が開いた状態になることがあります。急なダイエットや病気・手術などのあとに、耳管開放症を経験する人が多いのは、そのためです。

その他にも、
(1)疲労
(2)睡眠不足
(3)ストレス
(4)手足の冷え
(5)低血圧
(6)血行不良
(7)妊娠
(8)女性ホルモンの影響
(9)避妊ピル(経口避妊薬)の服用
(10)中耳炎
など耳の病気の後遺症、といった幅広い原因によって発症しています。そのため、原因が特定しづらいケースも少なくありません。

効果の高い「漢方薬」治療も!

耳閉感、自声強聴、自己呼吸音聴取といった症状を感じるようなら、すみやかに「耳鼻咽喉科」を受診しましょう。診断は、耳鏡、顕微鏡、内視鏡などによって鼓膜を観察したうえで判断されるでしょう。

耳管開放症は、決定的な治療法がありません。症状が軽いうちは、「自然治癒」をすすめられる場合がほとんどです。ストレスや過度なダイエットが原因の大半であるため、「生活スタイルの改善」が指導されます。
(1)適正な体重へ誘導するための食事指導
(2)十分な水分補給
(3)耳周辺の血流を促進させるマッサージ
(4)適度な運動
などについて詳しい説明があるでしょう。効果の高い(約70%の患者に改善が見られたとする報告もあります)「加味帰脾湯(かみきひとう)」という漢方薬を使った治療をすすめる医師もいます。

症状が軽〜中度であれば、
(1)生理食塩水を点鼻する
(2)硼酸とサリチル酸を耳管に噴射する
(3)耳管にカテーテルを通して空気を入れる
(4)鼓膜にパッチを貼る
などの治療がはじめられるでしょう。症状が重度の場合には、「外科治療」が検討されます。治療後に症状は軽くなりますが、根本的な改善ではありません。症状の軽快から回復を期待します。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る