乳幼児の血便は「メッケル憩室」かも?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『乳幼児の血便は「メッケル憩室」かも?』をご紹介させて頂きます。

小腸が「お餅のように」膨れる?

腸の壁から外側に突き出た風船状の袋を「憩室(けいしつ)」といいます。いわゆる消化管の奇形で、壁の一部が「焼き餅」のように膨れるのが特徴です。そうして「メッケル憩室」の場合は、憩室が先天的に小腸にできる特殊な憩室です。

19世紀にドイツで活躍した解剖学者ヨハン・フリードリヒ・メッケル医師にちなんで、メッケル憩室と呼ばれています。メッケル医師は、先天異常に関する研究に従事し、メッケル憩室の他にも、メッケル症候群やメッケル軟骨においても、最初の発見者として、医学界ではその名が知られています。

「5歳未満の子ども」に多い

メッケル憩室は、人口の約1~2%の割合で発症する病気といわれています。どの年代にも生じる可能性のある病気ですが、患者の多くは、5歳未満の子どもです。先天的に(生まれつき)メッケル憩室がある赤ちゃんは、全体の約3%にのぼります。男の子は、女の子にくらべて約2倍の頻度で発症しています。ですがこの病気によって、体に危険がおよぶ心配は極めて少ないでしょう。

憩室は、一般的に症状があらわれない場合がほとんどです。しかし、メッケル憩室の場合、患者の約20%は、血便や下血などの症状に見まわれます。無症状の人は、CT検査(コンピュータ断層撮影を使った検査)などで、偶然に「メッケル憩室」が発見されるケースが多いようです。

痛みのないが「大量の下血」が見られる

メッケル憩室の炎症による「出血」や「下血」は、痛みを伴わず、また前触れなく起こるのが特徴です。メッケル憩室は、腸にあらわれる症状ですが、まれに胃の組織(粘膜)が入り込んでいることがあります。メッケル憩室での出血は、胃粘膜から分泌された胃酸によって、小腸に「消化性潰瘍」が作られることで起こります。

出血は、一度に大量に出ることが多く、そのため下血が見られます。血便、タール便(黒い血液が混じったコールタール状の便)、粘血便(血液と粘液が混ざったイチゴゼリー状の便)が出ることがあります。

メッケル憩室に細菌などによる感染が起こると、憩室炎、腸重積、腸閉塞などの合併症を引き起こす恐れがあります。その場合、激しいお腹の痛み、嘔吐、下痢、発熱といった症状が起こることがあります。

残った管が「メッケル憩室」に変わる

人間は、胎児の初期(妊娠約5〜7週まで)において、臍帯(へその緒)と小腸とのあいだで一時的に「卵黄管」という管が発生します。卵黄管は、出生後は閉じてなくなる器官ですが、何らかの理由で腸に残ったときに「メッケル憩室」へと進展します。

なぜ、卵黄管が吸収されずに残り、そしてメッケル憩室となるかについては、現在のところ詳しいことは明らかになっていません。これまでの傾向として判明していることは、メッケル憩室が、小腸と大腸の境目付近から、約40~60cmのところに発症していることです。

下血や血便があったら「小児科」に相談

下血や血便が見られたときは、できるだけ早めに「小児科」、「小児外科」、「内科」、「消化器内科」、「消化器外科」のいずれかを受診し、専門医に相談しましょう。特に下血がくり返し見られたときは、「メッケル憩室」の疑いが持たれます。赤ちゃんは自分から申告することができないため、ママやパパなど家族が気づいてあげることが必要です。

「メッケル憩室」は、血液検査、X線検査、CT検査(コンピュータ断層撮影による検査)、下部消化管造影検査では診断は難しく、放射性元素テクネシウムによる「メッケルシンチ」と呼ばれる画像検査が適しているとされています。

症状が見られない場合は、特に治療の必要はありません。合併症も含めて症状がある場合は、メッケル憩室とその周囲の小腸の一部を切除する「腹腔鏡下手術」が検討されるでしょう。特に、憩室炎や腸閉塞など合併症を引き起こしているケースでは、早期の手術が必要とされます。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る