300人に1人の皮膚病「乾癬(かんせん)」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『300人に1人の皮膚病「乾癬(かんせん)」とは?』をご紹介させて頂きます。

国内に「約40万人いる」皮膚の病気

乾癬(かんせん)は、炎症によって皮膚の表面が硬く角化する病気です。皮膚が赤く盛り上がり、表面に銀白色の「かさぶた」のような厚ぼったい皮があらわれ、それがフケのようにボロボロと剥がれ落ちる症状が特徴的です。また、運動・入浴・アルコールの摂取など、体が温まることで「かゆみ」があらわれることでしょう。

症状は、
(1)頭皮、
(2)髪の生え際
(3)ひじ
(4)ひざ
(5)すね
(6)お尻
(7)ヘソの周囲
(8)腰まわり
(9)爪
など、擦れて刺激が起こりやすい部位にあらわれるのが特徴です。また、人によっては、関節の痛み、爪の変形、発熱、全身の倦怠感などがみられることがあります。

乾癬の約90%は「尋常性乾癬」

乾癬患者は、女性にくらべて男性に多く(男女比は、2:1)、これまでは約1000人に1人の割合で発症するといわれてきましたが、近年は欧米並みに増加傾向にあり、約300~500人に1人がかかると報告されています。したがって、国内には現在のところ、約20〜40万人の患者がいると推計されています。
さらに乾癬は、症状によって5つに分類されます。乾癬全体の約90%を占めるのは「尋常性乾癬」と呼ばれる種類です。「局面型乾癬」と呼ぶこともあります。その症状は、
(1)皮膚が赤みを帯びる「紅斑(こうはん)」
(2)皮膚表面が盛り上がる「浸潤(しんじゅん)」
(3)紅斑の上に銀白色のかさぶたのような(あるいはフケのような)ものができる「鱗屑(りんせつ)」
(4)鱗屑がぼろぼろと剥がれ落ちる「落屑(らくせつ)」
といった4つの段階で進行するのが特徴的といえるでしょう。

その他の「4つ」の乾癬

「尋常性乾癬」以外の他の4つの乾癬は、次のとおりです。なかには、国の難病指定に認定されている症状もあります。

<関節症性乾癬>
「乾癬性関節炎」と呼ばれることもあります。その名前のとおり、関節が腫れる、痛む、変形をきたす、といった症状があらわれます。症状は、手足の指の第一関節、背骨、腰に多く見られます。症状が似ているため、関節リウマチの疑いを持たれることがあります。乾癬全体の約3〜14%を占める症状です。

<滴状(てきじょう)乾癬>
水滴ほどの発疹が全身にあらわれます。乾癬のなかでは、小さな子どもから若年層にかけて発症しやすい病気です。風邪や扁桃炎(溶連菌感染)など、感染症にかかったあとに発症するケースが目立ちます。乾癬全体の約4%を占めています。

<乾癬性紅皮症(こうひしょう)>
皮膚全体の80%以上に「紅斑」が見られる乾癬です。乾癬全体の約1%を占め、かなり頻度の低い症状といえるでしょう。発症すると、皮膚の働きが損なわれて体温調節が難しくなり、発熱、悪寒、むくみ、倦怠感が生じます。症状の程度によっては、入院することも検討されます。

<膿疱性(のうほうせい)乾癬>
紅斑とあわせて、膿がたまった発疹が全身にあらわれます。その他にも、発熱、悪寒、むくみ、関節痛、倦怠感が見られるでしょう。ごく稀に発症し、厚生労働省の特定疾患に指定(いわゆる難病指定)されています。ほとんどのケースで、入院による治療が必要となるでしょう。

新陳代謝が「10倍の速度」で行われる

人間の皮膚のもっとも外側にあるのは「表皮」と呼ばれる細胞層です。表皮は、約45日のサイクルで新陳代謝をくり返しています。しかし、乾癬にかかると、そのサイクルが約10倍のスピード(約4~5日)で行われるため、表皮の異常増殖が起こり、「鱗屑」や「落屑」などの症状があらわれます。

これは、「免疫異常」によるものとされていますが、詳しいことはまだ明らかになっていません。本来、異物に反応する免疫機能が自分自身に向けられ、攻撃されることで皮膚に炎症が起こると考えられています。「自己免疫反応」と呼ばれる現象です。

発症の原因は、おもに「遺伝的要因」が関与していると考えられています。その他にも、精神的ストレス、喫煙、過剰な飲酒、偏った食生活、不規則な生活習慣、肥満(メタボリック・シンドローム)といった要素も原因として挙げられています。いずれにしても、はっきりした原因の究明が待たれる病気の1つです。

診断と治療

表皮への異常が見られたら「皮膚科」を受診しましょう。その特徴的な発疹の様子や分布などによって診断が確定されます。症状によっては、顕微鏡を使った「組織検査」を行うことがあります。治療は、
(1)外用療法
(2)内服療法
(3)光線療法
(4)生物学的製剤
のうち、症状などに合わせて方針が検討されます。十分な説明を受けてから治療を始めましょう。

「外用療法」は、患部の炎症を抑えるために、ステロイドなどの「塗り薬」を用いた治療法です。「内服療法」は、表皮の異常増殖や過剰な免疫反応を抑える飲み薬を服用する治療です。塗り薬の効果が弱いと判断された場合に検討される治療法です。

昔から、日光浴は過剰な免疫反応に効果があるとされていることから、人工的な紫外線(UVB)を照射する「光線療法」は有効な治療の1つです。「生物学的製剤」は、インターロイキンなど、「サイトカイン」と呼ばれる免疫機能を調整する物質の働きを抑える製剤を注射や点滴によって体内に投与します。

いずれの治療とあわせて、生活習慣を改善することが大事です。喫煙・飲酒・カロリーの多い食事はなるべく控えましょう。仕事や家事、育児などのストレスを溜め込まないためには、自分なりの解消法を見つけるとよいでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る