なぜ起こる?「変形性膝関節症」のメカニズム

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『なぜ起こる?「変形性膝関節症」のメカニズム』をご紹介させて頂きます。

ひざ痛の約80%は「変形性膝関節症」

年齢を重ねてから「ひざの痛み」に悩む人は、約80%が「変形性膝関節症」といわれています。変形性膝関節症は、中高年を代表する障害で、50歳以上の女性に多いことで知られている病気です。

日本では、70歳以上の女性の約70%が「変形性膝関節症」に悩み、潜在的な人数を含めると、約3000万人の患者がいると推定されています。患者の男女比は「1:4」で、やはり比較的女性に見られる病気であることがわかります。

変形性膝関節症は、立ち上がったり、歩きはじめたりする動作で、ひざに強い痛みが生じるのが特徴です。痛みがあると、階段の上り下りが困難になり、歩くのが億劫になって、つい外出を控えるようになる、など日常生活にも支障をきたします。加齢による変形性膝関節症は、「一次性」と呼ばれ、骨折や靭帯の損傷など、明確な原因が認められるものを「二次性」と呼び、分けられています。

「悪循環にならない」ためにも!

変形性膝関節症は、ひざ関節の曲げ伸ばしが悪くなり、
(1)痛み
(2)腫れ
(3)水がたまる
などの症状が起こる病気です。症状が初期であれば、ひざを動かしたときに痛みがあらわれる程度で、歩行を中止するなどひざを休ませれば、たいがいは治ります。

しかし、症状が進んで末期になると、横になっているときでも痛みが続き、ひざに変形が見られるようになります。そうなると、ひざを伸ばすことが難しくなり、外出を控えて、家でもあまり歩かなくなるでしょう。これは悪循環の始まりです。

高齢者が歩く習慣をやめてしまうと、脚の筋肉は急に衰えてしまいます。すると、ひざへの負担も増して、変形性膝関節症はますます悪化することになるからです。そうなるまえに、できるだけ早く治療を受けることが大切です。

原因は「関節軟骨」の摩耗

変形性膝関節症は、大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)をつなぐ、ひざの「関節軟骨」がすり減ることで、痛みや腫れなどの症状が起こります。そして関節軟骨の劣化が進むと、大腿骨と脛骨が直接ぶつかり、炎症はひどくなります。

関節軟骨がすり減る原因には、
(1)加齢
(2)体重の増加や肥満
(3)長年のひざの使いすぎ
(4)運動不足
(5)遺伝
(6)骨折
(7)靭帯や半月板の損傷
などが挙げられます。原因は1つとは限らないでしょう。これら複数の要因が絡むことによって、ひざの関節軟骨が傷つき、そこからコラーゲンやプロテオグリカンといった軟骨の細胞を作る成分が失われ、軟骨はさらに摩耗しやすくなります。

ひざにできる「骨のトゲ」が怖い

膝関節は、骨、軟骨、靱帯、筋肉、腱などから構成され、正常な場合は、ひざにかかる負担を
(1)筋肉
(2)腱
(3)靭帯がうまく分散する仕組みになっています。
しかし、変形性膝関節症にかかると、関節が不安定になり、ひざへの負担は、クッションの役目である「軟骨」に過剰なほどかかり、やがて磨耗(すり減り)や変形へとつながります。

変形が進むと、「骨棘(こっきょく:骨組織が増殖してできる骨のトゲ)」と呼ばれる骨の出っ張り(盛り上がり)が、ひざ関節にあらわれます。骨棘は、ひざ周囲の組織を圧迫して、そこで激しい痛みが発生し、脚全体を変形させてしまうこともあります。

変形性膝関節症「治療」と「予防」

わずかな痛みでも、ひざに違和感を覚えたら、できるだけ早めに「整形外科」を受診し、専門医に相談しましょう。診断は、問診や触診に加えて、X線検査やMRI検査によって確定します。変形性膝関節症は、症状が初期・中期・末期によって、治療方法は異なります。

「初期・中期」であれば、痛み止めなどの薬物療法から治療が始まります。症状の程度に合わせて、膝関節への「ヒアルロン酸」注射、筋力強化や関節改善のリハビリテーションが進められるでしょう。症状が「末期」であれば、内視鏡を使った外科手術や、人工関節に置き換える手術が検討されます。

また、変形性膝関節症を予防する、あるいは症状の悪化を防ぐには、いまから次のことを心がけるとよいでしょう。

・日ごろから、「大腿四頭筋(ふとももの前の筋肉)」を鍛える
・食生活を改善し、「体重を減らす」努力を始める
・エアコンや薄着などで、「ひざ関節」を冷やさない

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る