髪を切るならこの季節!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『髪を切るならこの季節!』をご紹介させて頂きます。

猛烈に暑かった夏も過ぎると、そろそろ髪を伸ばそうかなあと思ったり、秋に向けて行楽、お呼ばれなど晴れの舞台が目白押しで、美容院へ行くことも多いかもしれません。そんな時に、この季節ならではのポイントをご紹介。

夏は髪を束ねられる長さが便利

これから寒くなるから髪を伸ばそうって思う方多いですよね。しかし、実は夏こそ髪が長い方がいいんですよ。なので、思い切って髪を切りたい、とずっと思っている方こそ、秋口からの季節がオススメ。
それはなぜ???
夏は、ショートにすると、首回りに直射が当たります。日焼けもすれば、暑いです。しかし、セミロングだと、髪を括ることができますし、横の毛を後ろで少し束ねるだけで、首回りは案外涼しいのです。日も当たらないし、風もスースー入ってきます。汗で顔周りにくっつく髪の毛って自分もいやですが、見てる方も暑苦しくなります。
そういう夏は、きりっと括ってしまうのが、やはりオススメ。美容院でもオススメは括れるくらいがいいと言います。
では、秋冬はなぜ、ショートがいいのでしょうか?

秋冬のショートヘアの便利性

寒くなると、一番に温めなさいという場所知っていますか? それは「首」とつくところ、手首、足首、そして首。秋になると靴下を履いたり、手袋をはめたり、マフラーをしたり、あるいはハイネックや襟高い洋服を着るようになります。その時、中途半端な髪の長さの場合、すそが跳ねてしまうことがあります。また、せっかくの首元の防寒具とおしゃれが髪の毛が邪魔であまり効果がないことも。
え、でも寒くない?!と思いますよね。そのためにマフラーや帽子などが活躍。その上、風呂上りの髪を乾かす時間が大幅に短縮され、風邪予防にもなります。
ちょっと、髪を乾かすまでに用事をしていると、髪がどんどん冷えていくことありませんか? 髪が短いと乾くのも早いのです。ドライヤーの電気代も節約できます。秋冬の光熱費ってバカになりませんよね。

重いファッションには軽いヘッドを

厚着の季節になると、どんどん下の方に重心がきてしまいます。そこへ重いヘッドを載せると、コロコロになってしまいます。ヘッドを軽くして、ぱっと見だけでも、○頭身?に見せかけましょう。
小顔、小顔と言っていますが、自分だけが鏡で顔だけを見て、ヘアスタイルやメイクで小顔に作っていても、遠くから歩いてくると、大きい頭の時があります。シルエットのバランスを考えましょう。
最近流行りのワイドパンツも下にボリュームが出てしまいます。ヘッドを軽くするとバランスが取れます。また、首から鎖骨にかけてのラインが女性らしさを感じさせるラインだそうです。ロングヘアで隠さないで、すっきりさせてみましょう。

ショートカットで気をつけるべき点は?

一番はカットの上手な美容院でしてもらうことです。それによって、次の日の朝や、時が経ってからのスタイルなど、微妙に違います。上手なところでは、お家で自分でも簡単にセットできます。ロングの時と違って、カットの腕がそのまま出るので、上手なところでカットした時は、本当に周りからどこでカットしたの?と聞かれることも多いとか。カットだけでなく手ぐしパーマや、ゆるふわパーマをかけてもらうと、自分でもスタイルが作りやすいでしょう。
ただ、短ければ短いほど、美容院へ行く回数は増えます。最初のイメージのヘアスタイルは1ヶ月半くらいまでです。
2ヶ月経つと、髪の毛が思い思いの伸び方で収集つかなくなります。それを過ぎるとまたしばらく違った形で落ち着いてくるので、この辺りで、伸ばそうかなあと考える方が多くなります。ショートの素敵なヘアスタイルをキープするには最低2ヶ月ごとのカットが必要です。

人がおしゃれだなあと感じるのは、ファッションやメイクもそうですが、実はヘアスタイルだと言われています。いつも同じ服を着続けていても、美容院へ行っているなあ、手が入っているなあと感じる時点で、身なりに気をつけている感があります。ちょっとハードル高いですが、この秋にショートカットにしてみるのはいかがでしょうか?

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る