体のだるさは「急性副鼻腔炎」が原因かも?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『体のだるさは「急性副鼻腔炎」が原因かも?』をご紹介させて頂きます。

「黄色い鼻水」が見られたら…

副鼻腔(ふくびくう)とは、鼻の穴(鼻腔)を囲むようにある「顔のなかの空洞」です。鼻腔と副鼻腔は、「自然口」という穴を通してつながっています。副鼻腔は「前頭洞(ぜんとうどう)」、「篩骨洞(しこつどう)」、「上顎洞(じょうがくどう)」、「蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)」と4種類に分かれ、鼻を中心にして、それぞれ左右対称にあるため、鼻腔からつながる副鼻腔は、全部で8つあることになります。

「急性副鼻腔炎」は、8つある副鼻腔のなかのいずれかに炎症が起こる病気です。患者の多くは、空洞内に膿が溜まり、粘り気のある「黄色い鼻水」が出るのが特徴です。以前は、蓄膿症(ちくのうしょう)と呼ばれていましたが、膿が溜まっていなくて炎症が起きているケースがあるため、現在では「急性副鼻腔炎」と呼ばれています。

「おでこ・頬の痛み」や「だるさ」を感じる

急性副鼻腔は、症状が初期、あるいは軽度であると、鼻水・鼻づまり・咳といった風邪に似た状態があらわれます。「鼻風邪」といわれる状態です。通常の風邪とくらべて、鼻水が黄色くどろっとしています。これは、死んだ白血球や免疫細胞が鼻水に含まれるためです。

症状が進んで膿がたまると、副鼻腔が圧迫されて顔に痛みがあらわれます。特に
(1)おでこ
(2)目と目のあいだ
(3)頬とその周辺、に痛みが見られたら、症状がかなり進行していると見てよいでしょう。

前頭洞や篩骨洞などが炎症を起こしているため、顔や歯の痛みに加えて、頭全体に熱感、腫れぼったさを覚え、体が重くだるいと感じることがあります。風邪のような症状が見られるも、
(1)くしゃみが見られない
(2)鼻や口から嫌なニオイ(ドブや生ゴミのような悪臭と表現されます)がする
(3)頭が痛い
(4)だるさを感じる
というなら「急性副鼻腔炎」の疑いが持たれます。

原因は「ウイルス」や「細菌」

急性副鼻腔炎の原因の多くは、風邪などによるウイルスや細菌が、副鼻腔のなかや粘膜に感染して起こります。感染すると、副鼻腔内で炎症しながら症状の範囲が広がります。原因が細菌である場合、おもな原因菌には、肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌が挙げられます。

花粉症など、アレルギー性鼻炎を持っている人は、日常的に鼻腔粘膜が弱いため、急性副鼻腔炎にかかりやすい傾向があります。また、病気、疲労、栄養不足、ストレス、などにより免疫力が低下していると発症しやすくなります。咽頭炎など喉の炎症や、虫歯、歯周病から急性副鼻腔炎に発展する可能性もあります。

早めに「耳鼻咽喉科」を受診する

急性副鼻腔炎では、黄色い鼻水を体から外に出すことが大事です。鼻をよくかむことで、鼻水といっしょに溜まった膿が排出され、早く治ります。小さな子どもは、一人で上手に鼻をかめないこともあるでしょう。「小児科」や「耳鼻咽喉科」を受診して、鼻水を吸い取ってもらいます。

副鼻腔炎のうち、症状が1ヶ月以内に解消する症状を「急性副鼻腔炎」と呼びます。しかし、症状が3ヶ月以上続くと「慢性副鼻腔炎」と診断され、長引く恐れがあります。症状が軽いうちに、できるだけ早く「耳鼻咽喉科」を受診し、医師の治療が必要です。

病院では、頭部のX線検査やCT検査による診断が行われるでしょう。鼻水を吸い出したあとに、蒸気を吸入することで、鼻の粘膜の腫れが治まり、顔や頭の痛みなど症状が緩和されます。ウイルスによる感染には特効薬がないため、十分な睡眠、安静、バランスのよい食事を心がけて抵抗力を高めることが大事です。原因が細菌の場合は、「抗菌薬」を処方してもらい服用します。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る