首や肩の慢性痛は「モヤモヤ血管」のせい?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『首や肩の慢性痛は「モヤモヤ血管」のせい?』をご紹介させて頂きます。

40代から増える「モヤモヤ血管」

「モヤモヤ血管」とは、体のなかで不自然に増殖した「異常な毛細血管」のことをいいます。超音波検査などの画像を見ると、細い血管が不規則にぐちゃぐちゃ絡まって、モヤモヤした形をしていることから、その呼び名がつけられています。

規則的できれいに整備された健康な血管とくらべて、モヤモヤ血管は、不規則に絡まっているため、栄養や酸素を運ぶという血管本来の働きを行うことができません。モヤモヤ血管は、腰や肩などの慢性的な痛みの原因として疑われ、40歳を過ぎたあたりから急増するといわれています。

体の栄養を奪う「異常な血管」とは?

しつこい肩こり、四十肩、五十肩、ひざの痛み、腰の痛みなど、数年に渡る慢性的な痛みのある箇所には、「モヤモヤ血管」が多数存在しているといわれています。この分野の第一人者である奥野祐次医師は、「長引く痛みはモヤモヤ結果のせいである」として、書籍などのメディアを通じてその症状や治療法を紹介しています。

私たちの体をめぐる血管の約99%は「毛細血管」です。血管は、酸素や栄養を体のすみずみに運ぶ役割を担っています。そのため、これまでは血管(毛細血管)は、多ければ多いほどよい、という考えがありました。それが栄養を届ける健康な血管であれば、体の組織にとってよいのは間違いないでしょう。

しかし、反対に栄養を奪ってしまう異常な血管も体内には存在します。それが「モヤモヤ血管」と呼ばれる現象です。この現象が肩やひざなどに起こっているため、治りにくい炎症を作っています。病気というよりは、中高年以降にあらわれる「老化現象」の1つと考えられています。

「血管と神経の組み合わせ」が、炎症を作る

人間の体は、新しい血管が作られると、その血管に合わせて「神経線維」も増えています。つまり、血管と神経は一緒に増えるということです。血管と神経という2つの大きなネットワークは、相互依存的にはたらく体の基本的な機構と言えるでしょう。この現象は「血管と神経のワイヤリング」と呼ばれます。

肩や腰などに慢性的な痛みを抱えている人の患部には、「異常な毛細血管」と「神経繊維」の両方が増えていることが、世界各地の研究機関によって明らかになっています。異常な血管と神経繊維の組み合わせが、体の一部に集まると炎症が起こりやすくなります。また、この炎症は治りにくいのが特徴です。

モヤモヤ血管に沿って増えた神経は「C繊維」といってミリオンと呼ばれる脂肪成分に包まれていない、いわば「むき出しの神経」です。C繊維は、痛みの場合、ジンジン、チクチクなど常に脳に信号を送る、という特徴があります。モヤモヤ血管と合わせて伸びる神経繊維(C繊維)は、絶えず痛みの信号を発するため、慢性痛の原因といわれています。

カテーテルで「モヤモヤ血管を減らす」治療

手足、肩、股関節、ひじ、ひざ、腰などに慢性的な(半年以上の)痛みを抱え、症状が改善しないと感じているなら、原因は「モヤモヤ血管」にあるかもしれません。特に、患部が「ズキズキ」、「ジンジン」、「チクチク」痛む人は、モヤモヤ血管の疑いが高いといえます。

モヤモヤ血管に関する専門の「医療機関」や「クリニック」に相談するのがよいでしょう。問診に加え、超音波検査など画像によって診断が確定します。モヤモヤ血管は人間の活動には余分な血管であるため、減らすことで痛みを緩和する治療が行われます。

「運動器カテーテル」を使った治療は、効果が高く、今後さらに普及が広まる治療法となるでしょう。0.6mmのカテーテルを使って患部に薬剤投与し、モヤモヤ血管の働きを止めて、炎症を抑える治療です。局所麻酔を使った約1時間の治療で、入院することもありません。ほとんどの人は、1度の治療で症状が改善するでしょう。

予防は、「姿勢」「運動」「食事」の改善

モヤモヤ血管を防ぐには、普段の生活習慣が大事です。なかでも、
(1)姿勢、
(2)運動
(3)食事
の3つに気をつけるようにします。姿勢の乱れは、緊張した箇所にモヤモヤ血管を作る原因になります。同じ姿勢を長時間せずに、ときどき体をほぐしてリラックスさせるように心がけます。

そして、1日に15分間の「軽い運動」を習慣化します。散歩、ジョギング、自転車などを使って、負担にならない程度に体を動かします。さらに、高カロリーの食事は控えましょう。野菜を多く摂取して、バランスをよい食生活につとめます。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る