1歳以下の赤ちゃんは注意して!「百日咳」について!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『1歳以下の赤ちゃんは注意して!「百日咳」について』をご紹介させて頂きます。

赤ちゃんの「約10人に1人」が発症する

百日咳は、
(1)連続的で
(2)短く
(3)激しい咳(せき)が起こる「感染症」です。
風邪に似た症状から、次第にけいれん性の咳がひどくなるのが特徴です。乳幼児を中心にどの年代にも発症する可能性があります。

一般的に、子どもの病気というイメージが広まっているとおり、乳児(1才未満)の約14%が発症しています。生後6ヶ月以下の赤ちゃんが感染すると、肺炎脳症を併発して重症になるばかりか、死亡する例もあります。

感染症でありながら、特に流行期はなく、1年を通して発症が見られます。しかし日本では、春から夏にかけての季節に、患者数が増える傾向があるようです。

特徴的な「レプリーゼ」という症状

百日咳は、症状に大きく特徴が2つあります。1つめは、気管支がけいれんしているような「エホ、エホ」といった短い咳(スタッカートと呼ばれます)が、連続して起こることです。2つめは、咳をしたあとの息を吸い込む際に「ヒュー」という笛の音のような呼吸音(フーピングと呼びます)が聞こえることです。

この2つの特徴のくり返しを「レプリーゼ(あるいは「発作性けいれん性咳そう」)と呼びます。百日咳では、レプリーゼが約30分続くことがあり、その苦しさから、しばしば嘔吐することがあります。

しかし、乳幼児は気管支が未成熟であるため、この特徴的なレプリーゼが目立たないことがあります。そのため発見が遅れるケースが見られます。乳幼児の百日咳は、呼吸困難や低酸素状態からのけいれいなどを引き起こし、重症化して生命の危険を伴うことがあります。

厚生労働省によると、生後6ヶ月以下の赤ちゃんが百日咳にかかった場合、約0.6%の割合で死亡する例があるとしています。「風邪かしら?」という程度の弱い咳でも、それが続くようなら、すみやかに「小児科」や「内科」を受診しましょう。

症状が変化する「3つ」の期間

百日咳は、「百日咳菌」という細菌が、鼻や喉から侵入して、気管支の粘膜などに感染することで発症します。百日咳菌は感染力が高く、患者の家族に免疫がなければ、約80%の確率で感染するといわれています。咳やくしゃみによって、人から人に感染(飛沫感染)します。また、細菌の付着した手、ハンカチ、タオルからも感染(接触感染)します。

百日咳の潜伏期は、通常約7~10日間です。それから約2週間して、風邪のような症状が出始めます。その後、症状は「カタル期」→「痙咳期(けいがいき)」→「回復期」の3つの期間で変化します。

「カタル期」は、咳やくしゃみなど風邪に似た症状が約2週間続きます。「痙咳期」は、咳が悪化し、百日咳の特徴である「レプリーゼ」があらわれる期間です。赤ちゃんは咳がそれほど見られません。しかし突然、呼吸困難などを引き起こす恐れがあります。十分な注意が必要です。痙咳期は、約2〜3週間続きます。「回復期」は、激しい咳が弱まり、ゆっくりと症状が消えてゆく時期です。とはいっても油断は禁物です。「いつまでも咳が治らない」という期間が約2〜3週間続きます。

治療は「抗菌薬」、予防には「4種混合」

病気は早期発見がよいとされますが、百日咳は早い時期での発見が難しい感染症の1つです。一般的には、免疫を調べる検査によって診断が確定します。治療には、マクロライド系の抗菌薬を使用します。服用から約1〜2週間で効果があらわれ、全治には約4週間かかります。市販の咳止めは効果がありません。医療機関を受診して、抗菌薬を処方してもらいましょう。

赤ちゃんの場合、症状のレベルによっては入院することがあります。治療のあいだも、家族内などに二次感染しないよう、
(1)手洗い・うがいを徹底する
(2)マスクを着用する
(3)食器やタオルなどを分けるなど、十分な注意が必要です。
また、百日咳は、学校保健安全法の学校感染症第二種に指定されているため、インフルエンザと同じく、保育園・幼稚園・学校は、出席停止が義務づけられています。

予防には、ワクチンの摂取が効果的でしょう。「4種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)」を受けていれば、基本的に感染することはありません。ワクチン接種による免疫効果は、人によって異なりますが、約5~10年といわれています。ある程度の年数が経過すると、抗体は弱くなり、大人になってから百日咳に感染する人も少なくありません。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る