赤ちゃんの「しゃっくり」が多い!大丈夫かしら?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『赤ちゃんの「しゃっくり」が多い!大丈夫かしら?』をご紹介させて頂きます。

ママもパパも「1年生」だから

はじめての赤ちゃんの子育ては、未経験からくる不安の連続でしょう。「自分は親だから」と言っても、ママやパパも1年生なので分からないことだらけです。赤ちゃんが、ふだんと違う様子が見られると、例えそれが些細なことであったとしても「大丈夫かしら?」「具合が悪いのかな」と慌てたり、戸惑ったりしてばかりです。

「しゃっくり」が続くだけでも、「病院に連れていったほうがいいかな?」と心配になるものです。はじめての経験だから当然のことだと思います。そんなときは、気がかりで不安を抱えたままでいるよりも、地元の医療機関や地域の子育て相談窓口などに、遠慮なく相談しましょう。恥ずかしいことではありません。経験の数が多ければ多いほど、子どもも親も成長できるというものです。

なぜ、「しゃっくり」は起きるの?

しゃっくりは、「横隔膜のけいれん」によって起こる症状です。私たちは呼吸をするときに、肺を大きく膨らませたり、しぼませたりをくり返します。その動きを下から支えているのが横隔膜です。横隔膜は、膜といっても、弓のような形をした伸縮性のある筋肉です。肺などの「胸部」と、胃や肝臓などの「腹部」を隔てるようにして位置しています。

息を吸うときは、横隔膜を下げて肺を膨らませます。吐くときには、横隔膜が上がって肺をしぼませています。この横隔膜が何かの理由で「けいれん」したときに、「ひっく、ひっく」としゃっくりは始まります。自分ではコントロールできない症状ですが、たいがいは数分で治まります。

しかし、あまりに長く続くと、眠れない、食欲が低下することがあります。そして、48時間以上続くようなら、逆流性食道炎などの疑いがあるため、すみやかに「内科」や「呼吸器科」を受診しましょう。

赤ちゃんは「しゃっくり」が多い?

赤ちゃんは体のさまざまな器官などが未熟ですが、横隔膜も同じです。筋肉としては弱く、些細な刺激にも、すぐに「けいれん」を起こすことがあります。赤ちゃんは、大人にくらべて「しゃっくりが多い」と言われているのはそのためです。

しゃっくりは、食道や胃に何らかの刺激が加えられたことで、横隔膜のけいれんが起こり発生する、といわれています。しかし、詳しい原因については、まだ明らかになっていません。

そして赤ちゃんの場合、本当にわずかな刺激でも、しゃっくりが起こります。
(1)呼吸のリズムが乱れた
(2)冷たい風にあたった
(3)尿でお尻が濡れた
(4)母乳やミルクを飲むタイミングで空気を飲んだ
(5)授乳後にゲップがうまく出なかった
などがしゃっくりの原因となります。赤ちゃんの体は、それほどデリケードだということでしょう。

絶対に「やってはいけない」こと

しゃっくりの治し方には、さまざまな方法があります。しかし、大人に効果があるからといっても、次のような治し方は、赤ちゃんには絶対に使ってはいけません。

・「わっ!」と驚かす
・コップ一杯の水を飲ませる
・耳に指を入れる
・舌をひっぱる
・くしゃみをさせる
・うつぶせ寝にする

しゃっくりが出たら、まずは「室内の温度を確認」し、赤ちゃんの様子を見ながら、自然に治まるのを待ちましょう。それでも続くようなら、
(1)体を温める
(2)おむつを交換する
(3)背中を軽くさする
(4)背中を軽くトントンしてゲップをさせる
といった対応をしてみましょう。

しゃっくりが「2時間以上続く」ときは病院へ

しゃっくりが2時間以上続くようなら、医師に相談します。また、しゃっくりと合わせて、次のような様子が見られたときも、すみやかに「小児科」を受診して医師に相談しましょう。

・発熱がある
・呼吸が荒い
・母乳やミルクを吐く
・よだれを垂らす

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る