冷え性予防に効果バツグン「足指マッサージ」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『冷え性予防に効果バツグン「足指マッサージ」とは?』をご紹介させて頂きます。

足指マッサージの効果!

足指マッサージは、手の指を使って
(1)足指の先
(2)足指の平
(3)足指の付け根
を、順番に揉みほぐすマッサージです。足指10本をしっかり揉みほぐすことで、血行が促進され、代謝が上がります。

すると、体がポカポカしてきて、手足の冷えが改善されます。そして、足指マッサージを習慣にすると、冷え性の予防に役立ちます。他にも、目の疲れ、肩や首の凝り、しもやけ・あかぎれ、の改善に具体的な効果がみられます。

なぜ、女性は「冷え性」の人が多いのか?

手足、下半身、内臓など体の一部に冷えを感じる「冷え性」は、女性に多い症状といわれています。成人女性の半数以上(約70%ともいわれます)が、手や足の冷えに辛い思いをし、なかには「手足の強い痛み」で日常的に悩む人もいるといいます。

冷え性が女性に多いのは、男性にくらべて「筋肉量が少ない」ことが大きな原因です。私たちは、筋肉が動くことで熱を作り、その熱で温められた血液が全身を巡って体温が維持されています。女性の体は、男性にくらべて、筋肉がつきにくく、その代わり脂肪が多いため、体がなかなか温まらず、また一度冷えてしまうと元に戻るのに時間がかかるのです。

最近は「末端冷え性」の女性が増えている

冷え性のなかでも「末端冷え性」は、近ごろ特に女性に増えている症状です。季節や気候に関係なく、指先やつま先がいつも冷えている状態です。そのため、寝つきが悪くなる、夜中に起きてしまう、眠りが浅い、など睡眠不足を引き起こすことになります。すると、自律神経の乱れが発生し、女性ホルモンのバランスを崩すなどによる体調不良につながります。いつも体がだるいという女性に「末端冷え性」の人は多く見られます。

さらに、
(1)血液の循環が悪い
(2)栄養素が体のすみずみまで届かない
(3)老廃物が溜まりやすくなる
(4)代謝が低下してくる
といった悪循環によって、足がむくむ、頭痛、肩こり、貧血、めまい、肌荒れ、生理不順、といった症状が起こることがあります。

足指マッサージを「1日5分から」はじめる

末端冷え性を治すには、基礎代謝を上げて、血液の流れをよくすることが大事です。それには、「足指マッサージ」が手軽でしょう。足指マッサージは、1日5〜10分行うだけでも、効果があらわれるのが嬉しいところです。

(1)足指を開き、広げる
(2)足指のあいだに、手の指を深く入れて、ギュッギュッと握る
(3)足指の先 →足指の腹 → 足指の根元の順に、揉みほぐす
(4)足指を回し、そして引っ張る
(5)足指と足指のあいだを揉みほぐす
(6)1〜5の手順を、10本の足指に行う

このマッサージは、ぬるめのお湯に入りながら、リラックスした状態で行うとより効果的です。お風呂上がりに、マッサージオイルやアロマオイルを指先に塗って行うのもよいでしょう。楽しみながら、続けることが大事です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る