湯たんぽ、ホットカーペットが危ない 「低温やけど」に注意して!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『湯たんぽ、ホットカーペットが危ない「低温やけど」に注意して!』をご紹介させて頂きます。

低温やけどは「軽症」ではない!

やけどは、医療用語では「熱傷」と呼ばれる外傷です。多くの場合、熱湯・蒸気・油など、高温熱源に触れることで起こる皮膚の損傷をいうでしょう。しかし、なかには、体温より少し高めの温度による熱傷(やけど)があります。「低温やけど」と呼ばれるケガです。

低温やけどは、見た目で分かりにくい、痛みを感じにくい、といった特徴から、
(1)気づきにくい
(2)軽症と判断しやすい
(3)放置して重症化することがある
といった問題が起こる恐れがあります。いざというときのために、低温やけどについて、知識を持っておくことが大事です。

湯たんぽ、カイロ、ホットカーペットが危ない

人が温かく心地よいと感じる約44~50℃の温度でも、長い時間にわたってあたる(あるいは触れる)と、皮膚に「低温やけど」が起こります。現在では、カイロ(使い捨てを含む)、湯たんぽ、電気あんか、電気毛布、ホットカーペット、こたつ、ファンヒーターなどの暖房器具や暖房グッズによる低温やけどの事故が、年々増えています。昨年(2017年)12月より、消費者庁でも、湯たんぽによる低温やけどに対する注意を強く呼びかけています。

低温やけどは、
(1)かかと
(2)くるぶし
(3)すね、
(4)ひたい
に起こることが多いと外傷です。一般的な高温熱源のやけどであれば、熱いと感じたときに手を引っ込めるなど、瞬時に体を守る動作をするものですが、低温やけどの場合は、症状に痛みがほとんどないため、時間の経過とともに、深いやけどに進行することがよくあります。1週間後に、痛みがあらわれて、やがて皮膚が壊死するといったケースもあるくらいです。

低温やけどは「30分でも」起こる

やけどは、「熱さ × 時間」で発症します。一般的なやけどの場合、70℃の熱源であれば約1秒でやけどが起こります。低温やけどの場合は、熱源が44℃では3~4時間、46℃では30〜60分、50℃では2~3分で発症するといわれています。

44〜46℃といえば、少し熱めのお風呂の温度です。寒い日や疲れているときなどは、心地よいと感じる温度です。しかし、そのくらいの熱さでも、皮膚が触れている時間が長ければ、低温やけどにかかる恐れがあるのです。

気がつくと、
(1)皮膚が赤く腫れている
(2)水ぶくれができる
といった症状が見られたら、低温やけどの可能性が高いでしょう。一見すると、軽症のように感じますが、実は皮下組織が壊れているほどに「深いやけど」をおっているケースはよくあります。その場合、損傷は深い層にまで届いているため、患部の冷却を行っても、あまり効果はありません。

低温やけど「3つ」の予防策

低温やけどは、自覚症状を伴うことが少ないため、特に乳幼児や高齢者などは湯たんぽ、カイロ、ホットカーペットなどの長時間利用は控えることが大事です。また、疲労が溜まっているときや、お酒を飲んだあとは、こたつの中やホットカーペットの上で、つい眠り込んでしまうことがあります。眠ってしまうと、熱さに対しての反応が鈍くなります。十分な注意が必要でしょう。次の3つを守って、低温やけどを防止しましょう。

(1)熱源を直接、肌にあてない
(2)熱源を長い時間、同じ箇所にあてない
(3)湯たんぽなどを、就寝時に使用しない

わずかでも、皮膚に赤み、腫れ、痛みを感じたり、水ぶくれがあらわれたりするようなら、すみやかに「形成外科」や「皮膚科」を受診しましょう。自己判断で、水ぶくれをつぶす、市販のやけどの薬を塗るのは控えましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る