乾燥対策!「シアバター」の効果とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『乾燥対策!「シアバター」の効果とは?』をご紹介させて頂きます。

肌や髪に「うるおいを与える」保湿力!

シアバターとは、おもにガーナ、ナイジェリア、マリ、ブルキナファソなど西アフリカの地域に生息する、アカテツ科「シアの木」の種子の胚から抽出される植物性油脂です。ナッツのような香りで、常温では固形化しているため、オイルではなく「バター」と呼ばれています。「シアナッツバター」、あるいは「シア脂」と表記されることもあります。

アフリカ諸国では、食料や燃料など日常生活で使われる植物オイルです。他にも、かゆみ止め、切り傷、すり傷、やけどの治療や、日焼け止めなど、万能薬として利用されています。シアバターは、肌・髪・爪などにうるおいもたらす高い保湿力が特徴です。美容成分が豊富に含まれていることで、美容クリームとしての利用が注目を集めています。

原料は「とても貴重」な種子

シアバターの原料となる「シアの木」の実は、とても貴重なものです。それはシアの木が、樹齢約200~300年のなかで、最初の実をつけるまでに約25年の歳月がかかるためです。そしてその後も、3年に一度しか実をつけることがありません。

十分に熟れたシアの実が地面に落ちると、女性たちがそれを拾い集めます。シアの木は、神聖な木とされているため、その実に触れることができるのは女性に限られています。シアの実の果肉はアボガドに似ており、食用として使われます。実の中に含まれる種から抽出した「胚」がシアバターの原材料になります。

シアバターの「優れた」成分たち

シアバターの成分は「脂肪酸」で、そのほとんど(約85〜90%)は、「オレイン酸」と「ステアリン酸」で構成されています。オレイン酸は、肌になじみがよく浸透しやすい特徴があります。そのため、水分をしっかり肌に閉じ込めて、長時間の保湿効果と保護力を発揮します。さらに、肌を軟らかくする作用もあります。

ステアリン酸は、化粧品にもよく含まれる成分で、天然のビタミンE(トコフェロール)を多く含みます。酸化を防ぐ作用に優れ、シワの予防などエイジング効果が期待できるでしょう。その他にも、メラニンを抑制してシミを予防する「リノール酸」、ビタミンAによる美肌効果のある「パルチミン酸」などが含まれています。

シアバターの「幅広い利用」方法

固形化したシアバターは、約36度で溶けはじめます。手の平にシアバターを乗せて温めると、なめらかなクリーム状に変わります。クリーム状にしてから、フェイシャル、ハンド、ボディのケアに、そしてフットマッサージに利用します。

シアバターには、「未精製のもの」と「精製済みのもの」があります。未精製のシアバターは、クリーム色でナッツのような甘い香りが特徴です。精製済みのシアバターは、白色で、香りはほとんどありません。長期保存できるように酸化原因が取り除かれています。肌のなじみや浸透性は、未精製シアバターのほうが高いといわれています。

シアバターは天然由来の植物性油脂で安全性が高く、次のように、とても幅広い用途で使うことができます。

・フェイスケア(顔、唇、首まわり、パック、日焼け止め、クレンジング、化粧の下地など)
・ボディケア(ひざ、ひじ、かかと、脚全体、妊娠線予防、赤ちゃんのマッサージオイルなど)
・ハンドケア(ハンドマッサージ、指先の保護、あかぎれやささくれ予防、爪のつや出し、ネイルケア、など)
・ヘアケア(髪のつや出し、ドライヤー熱の保護、パサつき予防、ヘアワックスなど)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。