子どもがなりやすい「地図状舌」って?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『子どもがなりやすい「地図状舌」って?』をご紹介させて頂きます。

舌にできた「まだら模様」は?

地図状舌は、舌の表面に「白いふちの赤い斑紋(まだら模様 )」があらわれる病気です。医学的には「良性移動性舌炎」と呼ばれる病気です。移動性という言葉どおり、斑紋は、さまざまな大きさと形で、舌全体に広がりを見せます。その様子が、まるで地図のように見えることから「地図状舌」という名前がつけられています。

地図状の斑紋は、大きくなったり、小さくなったり、位置が変わったりなど、日ごとに変化するのが特徴です。健康な人の舌の表面は、4種類ある「舌乳頭」に被われています。舌乳頭は、ざらざらした小さな突起です。舌をザラザラにすることで、舌の感覚を鋭くし、また、食物を摂りやすくする作用もあります。

地図状舌は、舌乳頭が部分的に消えて、突起のない舌の上にへこみ(陥凹)が発症した状態です。へこみは拡大して、隣同士が合わさったり、また部分的に回復したりをくり返すことで、斑紋がまるで移動しているように見えるのです。

幼児の「約15%」がかかる病気

地図状舌は、およそ1〜6歳までの子どもの「約15%」に見られる症状です。大人では、100人に1人か2人程度の割合で発症し、そのほとんどが若い女性といわれています。ほとんどの子(人)には、不快感や違和感はあるものの、痛みなどのつらい症状はなく、自覚症状はまずありません。

異変のはじまりは、舌の表面に「白い斑点」があらわれることから起こります。やがて、その斑点がはがれると、続いて「赤いまだら模様」に変化します。斑紋が発生することで、会話や食事に大きな影響が及ぶことはないでしょう。

ただし、なかには時々、舌の表面に
(1)熱さを感じる
(2)ヒリヒリする
といった症状があらわれることがあります。特に、辛い食べ物、酸味のある柑橘類、熱い飲み物や食べ物、塩分の多い食べ物、その他刺激の強いものは、摂取すると沁みることがあるため、控えたほうがよいでしょう。

風邪のときは気をつけて!

地図状舌が発症する原因については、今のところ詳しいメカニズムは明らかになっていません。病理学的な見方では、微生物による影響と考えられているようです。さらには
(1)ストレスや睡眠不足からくる自律神経の乱れ
(2)疲労や風邪などによる免疫機能の低下
(3)ビタミンB6やB2の不足
(4)ミネラルの不足
(5)金属アレルギー
などが、おもな原因として挙げられています。

大人であれば、煙草やアルコールの過度な摂取によって、舌の表面に局所的な刺激が与えられ続けたことが関係している、とする考えもあるようです。いずれにしても、実際、かぜ・気管支炎・鼻炎などを患った体調不良の状態では、地図状舌が起こりやすいことが分かっています。

ほとんどは、数日で自然に治る

ほとんどの子どもは(大人も)、数日から数週間での「自然治癒」が期待できます。風邪などをひいていて、抵抗力が弱くなっているときは、さらに日数を要することもあるでしょうが、自然に治るケースがほとんどです。

念のため、小児科・口腔外科・歯科医院・耳鼻咽喉科を受診し、専門医に相談しましょう。ただし、原因がはっきりしていないため、有効な治療法は特定されていません。基本的には、 特段の治療が必要ないと判断されて、経過観察になるでしょう。

痛みなどの症状が頻繁に見られるときは、鎮痛薬などを使った薬物療法による対処が行われます。また、症状によっては、殺菌効果のあるうがい薬を処方されることがあります。体調を万全にすることが望まれるため、
(1)しっかり休養をとること
(2)早寝早起きなどの規則正しい生活を送ること
(3)栄養を考えた食生活に改善すること
などの指導が伝えられます。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る