子どもの「クラミジア肺炎」その症状と予防など…

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『子どもの「クラミジア肺炎」その症状と予防など…』をご紹介させて頂きます。

肺炎を起こす「3つの細菌」

クラミジア肺炎とは、「クラミジア」という細菌が原因で、呼吸器に炎症が起こる感染症です。クラミジアは、粘膜細胞の中に潜り込んで寄生し、封入体という袋のなかで繁殖をする微生物です。クラミジアにはたくさんの種類がありますが、肺炎を引き起こるのは、次の3つです。

(1)クラミジア・トラコマティス
(2)クラミジア・ニューモニア (肺炎クラミジア)
(3)クラミジア・シッタシ

クラミジア肺炎は、季節に関係なく発症し、特に流行期はありません。感染経路はクラミジアの種類によって異なります。症状も細菌の種類で違いはありますが、共通して「乾いた咳」や「激しい咳」が長く続くのが特徴です。

原因菌が「クラミジア・トラコマティス」の肺炎

「クラミジア・トラコマティス」を原因菌とするクラミジア肺炎は、新生児期(出生日〜28日未満)や、乳児期(生後1ヶ月〜1歳未満)にみられます。赤ちゃんの約3〜20%が発症する感染症です。

この肺炎は、クラミジアに感染しているママ(妊婦)の出産時に、赤ちゃんが産道を通るタイミングで感染(産道感染)します。ママがクラミジア感染の治療を行っていないケースでは、約50~70%の確率で感染しています。現在でも、妊婦検診の約3〜5%の女性に、クラミジア感染が認められています。出産前に、クラミジア感染症の治療をしっかり終えることが大事です。

産道感染から、約2~6週の潜伏期を経て発症します。したがって、生後約4~12週の赤ちゃんの様子には注意が必要です。結膜炎や鼻炎の症状が出たら、クラミジア肺炎の前兆と考えてよいでしょう。熱が出ることはほとんどありません。痰を伴った激しい咳とともに、呼吸の回数が増えるのが特徴です。呼吸時には、「ゼイゼイ」あるいは「ヒューヒュー」といった雑音(喘鳴と呼ばれる症状)があらわれます。

原因菌が「クラミジア・ニューモニア」の肺炎

「クラミジア・ニューモニア」を原因菌とするクラミジア肺炎は、子どもからお年寄りまで幅広い層にみられる細菌性の感染症です。人から人に感染し、家族、学校のクラス、職場内、高齢者施設などで、集団感染として流行することがあります。性別による発症比率は、男性がやや多い傾向にあります。

約3~4週間の潜伏期間を経て発症し、38度以下の微熱、乾いた咳、喉の痛み、声のかすれ、鼻水、呼吸困難といった症状があらわれます。高齢者では重症化する恐れがあるため、わずかな症状でも、ただちに呼吸器科などを受診しましょう。

また、感染しても症状がでないこともあり、健康な大人の約60%がクラミジア・ニューモニアの抗体を持っているともいわれます。

原因菌が「クラミジア・シッタシ」の肺炎

「クラミジア・シッタシ」を原因菌とするクラミジア肺炎は、「オウム病」と言われ、インコ、ハト、オウムなどの鳥から人に感染する肺炎(人獣共通感染症)です。鳥の分泌物や羽毛などを吸い込むことで感染します。

感染者の少ない病気ですが、それでも鳥類の繁殖期である4〜6月に感染者をやや多くみかけます。感染する年齢層は特定されていません。まれに、動物園での集団感染が起こることがあります。約7~10日の潜伏期間を経て発症し、39度前後の高い発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、激しく乾いた咳がみられます。インフルエンザの症状に似た様子です。

クラミジア肺炎の「治療」と「予防」

クラミジア肺炎は、問診のほか、X線検査による画像や血液検査によって診断が確定します。治療は、抗生物質を約1〜2週間服用するのが一般的です。乳幼児には大人とは違う抗生剤が投与されます。

クラミジアは繁殖力の強い細菌です。症状が治まっても、処方されたとおり抗生剤を最後までしっかり服用し、クラミジアを完全に撃退することが大事です。咳、発熱、喉の痛みなどが激しいときは、症状を緩和する薬が別途処方されるでしょう。症状を和らげるには、水分補給を十分行い、室内が乾燥しない工夫も必要です。

クラミジア肺炎は、妊活中のパパママは性病検査をしっかり受け、感染しているときはしっかり治療することが大事です。妊婦の女性も出産までに治療を終えておきましょう。子どもが感染しないためには、細菌が口や鼻から侵入してくるのを防ぐために、「うがい」と「手洗い」を習慣化する、そして、免疫力を高めるために、「バランスのとれた食事」と「十分な睡眠」を心がけることが大事です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る