子どもの便秘は「水分不足」が原因?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『子どもの便秘は「水分不足」が原因?』をご紹介させて頂きます。

水分の「重要な」働き

人間の体のほとんどは水分でできています。そしてその体は、私たちが思っている以上に水分を欲しています。摂取した水分は、腸で吸収され、血液などの体液として体中を巡ります。

酸素や栄養を臓器や細胞に運ぶ、老廃物を回収して排出する、体温を調整する、新陳代謝を促進する、などの役割を果たしています。

子どもの体には「どのくらいの水分」がある?

大人は、体重の約60%の水分が体内に必要です。体重が60Kgの人では、約36Kg分の水分が必要になります。体のなかの水の割合は、年齢が進むとともに少なくなります。

子どもは、体のなかに必要な水分の比率が、大人にくらべて高く、体重の約70%が必要で、赤ちゃんでは体重の約75%の水分が必要です。体重25kgの子どもであれば、体内の水分は17.5kg必要になるのです。水1kg = 1リットルですので、健康な体には17.5リットルの水が入っていることになります。

子供の便秘で水分不足が原因の時

子どもは汗をかきやすく、体内の水分が不足がちになると、便が硬くなって便秘になることがあります。さらに息んで便を出す力が弱いこともあり、便秘になると
(1)排便のときにお腹やお尻が痛く
(2)排便をガマンするようになる
(3)さらに便が硬くなる
という「便秘の悪循環」が始まってしまいます。

子どもの便秘では、「水分不足」が大きな原因です。体のなかの水分が不足すると、食べ物や飲み物で、水分補給したときに、大腸は普段よりたくさんの水分吸収を行います。すると、硬い便を作られることになります。子どもの排便をスムーズにするには、水分補給が大事です。

子どもは、1日どれくらいの水分を摂ればいい?

子どもは水分が排出されやすい体質のため、大人以上に水分補給が重要です。1日に必要な水分量は、子どもの体重によって決まります。1日に必要な水分の量は、この子の「体重 X 1kgあたりの水分量(ml)」です。子どもについての「1kgあたりの水分量」は、次のとおりです。

<1kgあたりの水分量>
・新生児:約50〜120ml
・乳児:約120〜150ml
・幼児:約90〜100ml
・学童:約60〜80ml

小学生の子どもで、体重が25kgであれば「25kg × 60〜80ml」という計算になり、約1500〜2000ml、つまり約1.5〜2リットルの水分を1日で摂る必要があります。

「のどが渇いたとき」は脱水が始っている

人間は「のどが渇いた」と感じたときには、すでに脱水がはじまっています。体内では、すでに約2%の水分不足が起こっている状態です。子どもは大人にくらべて、のどの渇きを感じるタイミングが遅いとも言われています。子どもの水分補給が遅れるまえに、大人が気づいてあげることが大事です。

また、
(1)排尿の回数が少ない
(2)肌がいつもより乾燥している
(3)唇が白っぽい
(4)目がくぼんでいる
など普段と違う様子が見られるときは、子どもが脱水状態にある可能性があります。速やかに「常温のお水」や「ぬるめの白湯」を飲ませてあげましょう。

また、朝起きてすぐ、食事のとき、おやつのとき、お風呂上がり、など生活のサイクルのなかに「水分補給のタイミング」を規則的に取り入れると、子どもの便秘予防に効果的です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る