水仕事は気をつけて!「主婦湿疹」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『水仕事は気をつけて!「主婦湿疹」とは?』をご紹介させて頂きます。

あかぎれとは「違う」症状

寒くなってくると、お肌の乾燥が気になります。主婦、調理師、美容師など、日常的に水仕事が欠かせない人は「手荒れ」が心配でしょう。指先や関節のシワにそって、皮膚の奥までひびが入って割れると、出血とともに強い痛みが起こる、これは「あかぎれ」です。

あかぎれに似た症状に、加えて
(1)手の全体が荒れている
(2)激しい「かゆみ」を感じる
(3)手水疱(水ぶくれ)
が見られるときは「主婦湿疹」の疑いが考えられるでしょう。

夏にも発症する「手肌」荒れ

ひび割れやあかぎれは、肌の乾燥が原因で起こる手肌のトラブルですが、「主婦湿疹」は肌のバリア機能が低下したことで起こる「皮膚の炎症」です。20~30代の主婦の方に多く発症することから「主婦湿疹」と名づけられたのでしょう。症状が、手に限られていることから「手湿疹」と呼ばれることもあります。

手荒れといえば、冬場にあらわれる印象が強くありますが、主婦湿疹は、季節に関わらず一年中通して発症するのが特徴です。なかでも「たくさん汗をかく暑い時期」と「水の冷たい寒い時期」には、症状が起こりやすく、さらに再発しやすいため注意が必要です。

症状は「手全体」にあらわれる

主婦湿疹は、ひび割れやあかぎれと症状が一見似ている(あるいは一部が共通している)ように思われます。しかし、主婦湿疹の場合、手荒れの状態が指や手全体に広がっていることが、病気を見分ける目安になります。主婦疾患の症状は次のとおりです。

・手の皮膚が赤くなる
・手全体がカサカサ乾燥する
・ひび割れが複数箇所で見られる
・乾燥した箇所で、皮がむける
・手全体に、強いかゆみが起こる
・水疱ができたり、潰れたりがくり返される

天然の「バリア機能の低下」が原因

私たち人間の皮膚は、汗腺と皮脂膜で覆われおり、それぞれ汗と皮脂を分泌しながら、2つが混じり合って「天然の保湿クリーム」の役割を果し、皮膚を刺激や乾燥から守っています。

しかし、頻繁に水仕事をするうちに、お湯、洗剤、石けんなどにたくさん触れると、天然の保湿クリーム(汗腺と皮脂膜)は落ちてしまい、皮膚を保護するバリア機能が低下してしまいます。バリア機能が低下した皮膚は、肌に触れるわずかな刺激にも過剰に反応するようになり、さらに洗剤などが肌の深い部分にまで侵入し、主婦湿疹が発症します。

また、
(1)紙、段ボール、ゴム、布に触れる機会の多い人
(2)アトピー体質で肌が乾燥しやすい人
(3)加齢によって皮脂の分泌量が少ない人
にも手指の「バリア機能低下」が多く見られます。お肌の変化に注意が必要です。

一度は「皮膚科」を受診しましょう

主婦湿疹は、初期症状の段階からでも放置すると、皮膚のバリア機能低下はさらに進み、肌はどんどん刺激に弱くなってしまいます。かゆみが激しくなり、炎症が悪化します。

主婦湿疹は、症状によって治療方法や治療薬が異なることがあります。自己判断で市販の薬に頼るまえに、一度「皮膚科」の医師に相談しましょう。また、水仕事を休みわけにはいかない人は、なるべく手袋を着ける習慣を心がけます。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る