「コラーゲンたっぷり鍋」に効き目はあるの?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『「コラーゲンたっぷり鍋」に効き目はあるの?』をご紹介させて頂きます。

女性のあいだで「コラーゲン鍋」が人気!!

マーケティング会社の調査によると、秋が深まり気温が20度を下回ると、鍋つゆ、春菊、きのこ、白菜など「お鍋料理」の材料の売上げが伸びるといいます。鍋といっても最近では、寄せ鍋、湯豆腐、水炊きだけでなく、洋風、韓国風などさまざまな種類のものが楽しめます。

そんな折り、女性を中心に「コラーゲン鍋」なる新しいメニューが話題です。グルメサイトや雑誌で特集が組まれたり、おすすめの人気店が紹介されたり、いまやコラーゲン鍋は、寒い季節には欠かせない一品となりそうです。

話題の「コラーゲンボール」とは?

コラーゲンの鍋といえば、以前なら
(1)豚足や手羽先などを煮込んで抽出したコラーゲンでスープを作る鍋
(2)鶏の皮、テール肉、軟骨、牡蠣、クラゲ、スッポン、アンコウなどコラーゲンを多く含む食材を入れた鍋
というものでした。ところが最近は「コラーゲンボール」を使った鍋が流行しているようです。

コラーゲンボールとは、コラーゲンを豊富に含む動物性や海洋性の食材から抽出したコラーゲンを固めてボール状にしたものです。お鍋にポンと入れてしばらく溶かすだけで「コラーゲン鍋」が楽しめます。

無味・無臭のため、料理の味を損なうことなく、またその手軽さが便利です。鍋シーズンでは、コラーゲンボールが「人気のトッピング」というお店もあるようです。

市販のコラーゲンボールでは、動物性のものは、牛スジや豚骨などのコラーゲンが、海洋性のものではフカヒレ、カレイ、うなぎ、まぐろなどのコラーゲンが含まれることが多く、1個あたり約700〜1300mgのコラーゲンが入っています。

コラーゲン単体では、美白効果は低い

コラーゲン鍋によってコラーゲンをたくさん食べると、すぐにお肌に張りとプルプル感が生まれるか、というと必ずしもそうではありません。食べたコラーゲンは、体内でアミノ酸へと分解されて吸収されますが、アミノ酸がコラーゲンの再合成にすべて利用されるわけではないからです。

摂取したコラーゲンが、お肌に効果をもたらすには(体内でコラーゲンが再合成するには)、アミノ酸の一種である
(1)リジン
(2)プロリン
が必要です。これらの成分は、コラーゲンの再生には欠かせません。プロリンは豚肉、湯葉、お麩、リジンは鶏肉、牛乳、チーズなどに多く含まれています。お鍋の食材として加えるとよいでしょう。

また、コラーゲンの生成促進には、ビタミンC、鉄分、亜鉛も効果的です。じゃがいも、アサリ、カニ、牡蠣、ホタテを鍋に入れるのも、美肌効果にはおすすめです。

コラーゲンボールを「手作り」してみる

コラーゲンボールは、ご家庭でも簡単に作ることができます。市販の「ゼラチン」をお湯に混ぜながら溶かし、溶けたところで容器に移して、あとは冷蔵庫で冷やします。

コラーゲンボールを冷蔵庫でストックしておくと、手軽にコラーゲン摂取ができる「美肌料理」が食卓にのぼります。お鍋だけでなく、味噌汁、スープ、ラーメン、カレー、シチューなどに入れても楽しめるでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る