むくみと猛烈なダルさ!「尿毒症」について…

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『むくみと猛烈なダルさ!「尿毒症」について…』をご紹介させて頂きます。

腎臓の機能低下が原因

腎臓病が進行して、腎臓の機能が低下すると「腎不全」という状態が起こります。腎臓は、血液を「ろ過」して老廃物や塩分、余分な水分を尿として体の外へ排出し、体に必要なものは再吸収する役割を果しています。

腎臓の機能が低下すると、ろ過して尿を作ることができず、体内に老廃物が蓄積してしまいます。さらに症状が悪化して、腎臓の働きが「健康な人の15%未満」にまで低下すると、体内の老廃物や余分な水分が、尿として体外に排出できなくなり、「尿毒症」と呼ばれる症状が出始めます。

さまざまな「自覚症状」が出たら

腎臓病は、初期の段階では自覚症状がほとんどないのが特徴です。そのため、ほとんどの患者さんは、健康診断などの検査によって、はじめて自分が腎不全であることを知るようになります。

やがて腎不全が進行した場合、「尿毒症」として、次のような自覚症状を感じることになります。全身の多くの箇所に、さまざまな形であらわれるのが特徴です。

・顔や脚がむくむ
・皮膚が黄褐色に変色し、かゆくなる
・疲れやすく、息切れが多く見られる
・視力や知覚が低下する
・貧血で顔色が悪くなる
・頭痛、めまい不整脈、高血圧があらわれる
・倦怠感、眠気、動悸、息切れ、呼吸困難があらわれる
・食欲不振、吐き気、胃炎など消化器に異常がみられる
・睡眠障害、けいれん、イライラ、うつ、不安感があらわれる
・手足のしびれ、関節痛、麻痺、筋力低下が見られる

症状を放置すると、死にいたるリスクがあります。気になる症状があるときは、すみやかに「腎臓内科」を受診しましょう。近くにない場合は「内科」を受診し、医師と相談のうえ「腎臓内科」を紹介してもらうのがよいでしょう。

原因は「尿毒素」という物質

尿毒症の原因は「尿毒素」と呼ばれる物質です。尿毒素は、健康であれば、腎臓の「糸球体」という部分でろ過されますが、腎不全が悪化した状態では血中に蓄積してしまいます。

糸球体が、1分間でどのくらいの血液をろ過するか(尿のもとを作るか)をあらわす数値を「GFR(Glomerular Filtration Rate:糸球体ろ過量)」と言います。GFRの数値が高い(つまり、ろ過される毒素の量が多い)ほど腎臓は健康といえます。一方、GFR値が低く、排出される尿毒素の量が減っていると、毒素は体内に蓄積され、やがて、心臓、消化器、脳神経などにさまざまな障害を引き起こします。

まずは「利尿を促す」治療

尿毒素には、ナトリウム(塩)、カリウムなどの日常的な物質から、タンパク質が原料となる物質まで、200種類以上も存在しています。尿毒症毒素がどのようにして、さまざまな症状を引き起こしているかは、現在のところ明らかになっていません。

尿毒症の治療は、基本的に症状に応じた「対症療法」を進めることになるでしょう。尿量が減少し、老廃物が体内に溜まっていることから、まずは利尿を促す治療が一般的です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る