北欧から来た、更年期障害治療「HRT」について…

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『北欧から来た、更年期障害治療「HRT」について…』をご紹介させて頂きます。

女性の「ホルモン環境」は変化する

女性は男性にくらべて、体内のホルモン環境は生涯を通じて大きく変化します。思春期、成熟期、更年期と女性ホルモンの影響を受けて、体と精神は変化していきます。

そして、45歳を過ぎた頃から、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」が急激に減少し、そのことが原因でホルモンバランスが乱れて「更年期障害」の症状が起こりやすくなります。

更年期障害の「新しい」治療法

更年期の女性は体と心が不安的になる時期です。それは、誰にでもやって来る体の転換期といえるでしょう。しかし、さまざまな症状を深刻化させないためにも、更年期障害の治療法について、あらかじめ知識を持っておくことは大事です。

「HRT」という更年期障害への新しい治療法が、日本で普及しはじめています。HRTは、Hormone Replacement Therapyの略で、日本では「ホルモン補充療法」と名前が付けられています。

HRTは、減少したエストロゲンを補充することで、ホルモンの変化の幅をゆるやかにし、ホットフラッシュ(体のほてり・のぼせ)、大量の発汗、睡眠障害などに悩む、更年期障害の根本的な治療法として期待されています。

北欧では約70%、豪州では約60%

HRTは、北欧や欧米を中心に多くの国で、更年期の女性に処方される治療法として常識化しつつあります。 北欧での普及率は約70%、オーストラリアでは約60%、欧米では約40%であるのに対して、日本でHRTを受けている人は、約2〜3%といわれています。

厚生労働省や医療機関、さらにメディアによる啓蒙活動が弱いのかもしれません。また、
「人工的にホルモンを体内に補充する」ことに抵抗感を持つ人もいるようです。さらに、10年以上前「HRTと乳がんのリスク」についての記事を、メディアが過剰に報道したことで、日本のHRT普及は大幅に遅れたように思われます。

HRTで「乳がんのリスクは減る」

発端は、アメリカで2002年に発表されたWHI(Women’s Health Initiative:アメリカの国立衛生研究所による研究プログラム)が、「5年以上HRTを続けると、乳がんのリスクが26%上がるという」という報告を発表したことにあります。一部のメディアでは「HRT = 乳がんになる」という行き過ぎた解釈を流していたほどです。

ところが、このデータに協力した約1万6000人の女性は、そもそも喫煙率や肥満率が高く、乳がんのリスクが高い人たちであることが、あとで分かっています。

そして、2006年に厚生労働省が行った、日本女性を対象とした調査結果では「HRTを受けることで、乳がんのリスクは60%減る」という研究結果を報告しています。しかし、この事実を、残念ながら、日本のメディアはあまり報道しませんでした。

治療薬は「3つ」の種類から

現在、日本のHRTの治療薬では、
(1)飲み薬
(2)貼り薬
(3)塗り薬
が医師の処方する薬として、健康保険が適用されています。

その効き目には個人差はありますが、多くの人は、HRT薬を服用することで、ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)や発汗などの自律神経失調症状が、約1〜2週間でなくなるといいます。
不眠、イライラ感、うつ、疲労感など精神・神経の症状も、約1〜3ヶ月でかなりの改善が見られ、1年の経過でほとんど消失するようです。その他にも関節や腰の痛み、骨粗鬆症の予防にも著しい効果があらわれています。

気になる「副作用」について…

HRTは、治療開始の初期(約1~2ヶ月)に、
(1)胃のむかむか
(2)乳房や下腹部の張りや痛み
(3)不正性器出血
(4)おりもの、などの症状が、副作用として起きることがあります。
副作用は、しばらくすると改善することが多く、医師と相談しながら、薬の種類や量を変更して、自分の体にあった治療を探すことが大事です。

HRTの治療を続けている期間は、症状の改善状態や副作用の状態などを確認するためにも、定期的な検診が必要です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る