痛い「ウオノメ」の原因と治療!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『痛い「ウオノメ」の原因と治療!』をご紹介させて頂きます。

足裏に「硬い芯」が見られたら…

ウオノメは、足の裏や足指の皮膚の角質が、直径5~7mmほどの範囲で厚くなる皮膚の異常現象です。多くの人は、歩くなどの刺激によって、痛みを感じます。

足の皮膚の一部分に、長いあいだ集中した圧迫刺激が与えられると、皮膚のいちばん外側にある「角質層」の皮膚が、内部に向かって食い込むような円すい状に厚くなり、その患部は白色(または黄白色)に変色します。そして、中心に「硬い芯」ができるのが特徴です。硬い芯は、やがて皮膚内部の神経を圧迫して、強い痛みが生じます。

日本は「サカナ」・ドイツは「ニワトリ」

症状の見た目が「魚の眼球」に似ていることから、「ウオノメ」という名前が一般的に浸透していますが、正式には「鶏眼(けいがん)」といいます。

これは、医療先進国といわれるドイツでの名称(Huhnerauge = 鶏の眼)に習ってつけられているのでしょう。ちなみに、アメリカでは、円すい形の角をあらわす「コーン(Corn)」という名前で呼ばれています。

同じように、皮膚の角質が硬くなる症状に「タコ」がありますが、ウオノメは(1)芯がある、(2)痛みがある、ことで区別されています。そして、タコは「胼胝(べんち)」というのが正式な名前です。病院を受診するときには、ウオノメやタコで通じるので、問題ありません。

なぜ、「女性にウオノメ」が多いのか?

ウオノメは男女ともに起こる症状ですが、患者の比率をみると、男性1に対して、女性は1.5〜3と、だいぶ多く発症しています。これは、「ふだん履く靴の違い」が大きく影響しているのでしょう。

女性は、
(1)ハイヒールやサンダルでアスファルトの上を歩くことが多い
(2)靴下より薄いストッキングで靴を履くことが多い
(3)靴選びでは、実用性よりもデザインを重視する傾向が強い
などから、足に余計な負担をかけてしまいがちです。

オシャレは大切、だけど「健康も大事」

ウオノメが起こる原因は、「歩き方のクセ」によることもありますが、患者の多くは、「自分の足に合っていないサイズや形の靴を履いているため」といわれています。

外反母趾が女性に多いように、ヒールの高い靴、つま先のとがった靴は、足先に過剰な圧迫刺激がかかり、ウオノメを引き起こしています。
オシャレは大切ですが、健康も大事です。足に負担がかかる靴は、毎日履かないなど、自分の足をいたわりながらオシャレを楽しむほうが、素敵なスタイルのような気がします。

きれいに治すなら「皮膚科」を受診

ウオノメの芯は、皮膚の深い部分にできるため、治療では「芯をしっかりと除去すること」が必要です。芯が残っていると、完治することはありません。自己判断で、ウオノメの表面を削るような中途半端な治療を行っても、高い確率で再発するでしょう。

また自宅治療は、
(1)皮膚が傷ついて化膿する
(2)皮膚に痕が残る
などのトラブルが生じることがあります。安全で、きれいに治すには、「皮膚科」の受診をおすすめします。

ウオノメの治療は、症状の程度によって方法が異なります。軽い症状では、治療薬を塗る、スピール膏(専用のシール)を貼る、などでゆっくり治す方法が一般的です。一方、症状が中程度以上では、フットケアなどの機械や、レーザーを使って芯を取り除く治療をすすめられるでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る