筋トレの効果はいつから出るの?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『筋トレの効果はいつから出るの?』をご紹介させて頂きます。

いつまで「頑張れば」いいんだろう?

夏が過ぎて、気温が落ち着き、過ごしやすくなると、ダイエットや美容効果で、筋トレをはじめる人が増えるようです。

お風呂上がりや朝のわずかな時間を使い、二の腕、腰まわり、太ももなどの引き締めを目指して、自宅で行う、シンプルなプログラムとして「ヒップリフト」や「スクワット」、さらに体幹トレーニングが人気です。

そして、はじめる前に、やっぱり気になるのが効果でしょう。筋トレの効果はいつから出るのでしょう。毎日のじみちな努力が必要なのは分かります。でも、「まず、いつまで頑張る」の期間を知っておきたいものです。

女性は男性よりも「変化が遅い」

筋トレを続けて、はじめの変化を感じる期間は「性別」によって違います。一般的に、女性は、男性にくらべて体に変化を感じる期間が「長い」とされています。

男性は思春期に「テストステロン」という男性ホルモンが分泌されることにより、体に筋肉の量が増えていきます。一方、女性は「エストロゲン」という女性ホルモンが分泌されることによって、脂肪の多い、女性らしい丸みのある体に変わります。

私たち人間は、成長するほどに、男女の体にその特性の違いが大きくあらわれます。女性の体は、男性にくらべて筋肉量が少なく、筋トレ効果が見られるまでに時間がかかります。また、筋肉は筋線維が集まってできています。その筋線維の1本1本が、女性は男性にくらべて細いことも、筋トレ効果の期間に影響しているようです。

筋トレは「2日に1回」が効果的

筋トレによって起こる変化には、体の内側に起こる変化と、体の外側の変化があります。
女性の場合、体の内側が変化するのまでの期間は「約1週間~1カ月半」です。一方、体の外側に変化が見られるには「約2ヶ月半〜3ヶ月」が目安と言われています。

早く効果が見たいからといって無理をしてはいけません。毎日行うよりも、「2〜3日に1回」くらいが効果が早くあらわれます。トレーニングした筋肉はダメージを受けて、約48~72時間後に壊れ(筋力低下)ます。

そのあいだは、筋肉を休ませてあげることが大事です。このとき、低下した筋肉には回復しようとする力が働きます。そこで筋肉の回復を待って、負荷をかけると筋肉は強くなるのです。

筋トレ効果は「内側の変化」と「外側の変化」

体の内側の変化として、まず大きなものは「基礎代謝の向上」です。基礎代謝とは、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、あるいは、体温調整・脳や内臓の活動など、私たちが生きていくうえで必要最低限に消費するエネルギーのことです。基礎代謝が向上すると、消費されるエネルギーが増えるため、太りにくい体質になるといえます。

他にも、体の内側の筋肉が増えると、
(1)肩こり、腰痛が軽減される
(2)疲れにくく、疲労回復が早くなる
(3)姿勢がよくなる
などの効果が期待できます。

そして、外側の変化といえばもちろん、
(1)二の腕が引き締まる
(2)バストアップする
(3)ヒップアップする
(4)ウエストがしぼれる
を目指して期待しましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る