注目のダイエットフード「キヌア」って?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『注目のダイエットフード「キヌア」って?』をご紹介させて頂きます。

NASAも注目した「穀物の母」

キヌアとは、ケチュア語(南米で話される言語)で「穀物の母」を意味します。アンデス山脈一帯が原産で、小さく見た感じは種のようですが、キビやアワなどと同じ雑穀に分類される食べ物です。

キヌアは、およそ5000年前から食用として栽培され、「マチュ・ピチュ」で知られるインカ帝国の人々の健康を支えたといわれています。そして近年、その並外れた栄養バランスに、NASA(アメリカ航空宇宙局)が「宇宙食候補」として検討したことから、キヌアはスーパーフードとして話題になっています。

なぜ、キヌアは健康志向の人に、人気があるの?

キヌアがスーパーフードと呼ばれ、健康食品として人気があるのは、高い栄養価が理由です。主な栄養としては、

(1)牛乳に似た構成のタンパク質が多く、
(2)マグネシウム、リン、鉄分などのミネラルやビタミンBが豊富で、
(3)緑黄色野菜に匹敵する量の葉酸を含み、
(4)リシンやメチオニンなどの必須アミノ酸が多い

ことが挙げられます。他にも、食物繊維が玄米の約9倍も含まれているため、欧米の健康志向者のあいだでは、ダイエットフードとしてすでに定着しています。また、グルテンを含まないため、アレルギーを持つ人でも摂取できるのが、うれしい特徴といえるでしょう。

女性に「ありがたい成分」が豊富

キヌアは欧米では特に女性のあいだで人気が出ています。理由の1つには、女性にありがたい成分が多く含まれているからでしょう。キヌアは、他の穀物にくらべて、鉄分、亜鉛、ビタミンを多く、またバランスよく含まれているため、血液の流れをサポートして、貧血の解消、冷え性の改善に効果があらわれます。

また、キヌアには「フィトエストロゲン」と呼ばれる物質が含まれています。フィトエストロゲンは、卵巣から分泌される「エストロゲン」という女性ホルモンと似た働きをすることから、「植物性卵胞ホルモン様物質」とも呼ばれています。

「女性らしい体」が維持できる

エストロゲンは、お肌や髪をきれいに保ち、胸やお尻に丸みを持たせるなど、女性らしい体作りには欠かせないホルモンです。しかし、30代半ばから減少するため、肥満、生理痛などの症状に悩む女性が少なくありません。

キヌアを積極的に摂取することで、
(1)女性らしい体が維持される
(2)生理不順が解消される
(3)生理痛が軽くなる
(4)更年期障害の対策になる といわれています。

「食べるまえ」に気をつけて!!

キヌアには「サポニン」という物質が含まれています。サポニンはコレステロール値を低下する効果がある一方で、赤血球を破壊する性質があります。

また、強めに苦みがあるため、食べるときは事前にサポニンは除去しましょう。キヌアを水にさらし、泡が立たなくなったらOKです。キヌアをゆでてお召し上がりください。

スープに入れたり、サラダにまぜたり

キヌアの食べ方はたくさんあります。「キヌア、レシピ」で検索してもたくさんヒットします。少しのキヌアを加えるだけで、いつもの食事に、新鮮な食感と彩りが得られるでしょう

(1)ご飯といっしょに焚く
(2)スープに入れる
(3)サラダにまぜる
(4)ナッツなどと合わせておつまみに
(5)衣にまぜてフライにする
(6)グラタンやラザニアにトッピング、などがポピュラーな使い方です。いろいろ試して、自分に合った食べ方を探してみると楽しいでしょうね。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る