プロが行う歯のクリーニング「PMTC」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『プロが行う歯のクリーニング「PMTC」とは?』をご紹介させて頂きます。

歯周病の「低年齢化」が進んでいる

食事のあとに、歯磨きしていても、食べかすなどからプラーク(歯垢)が付着して、それで虫歯や歯周病になることがあります。きちんと磨いていても、どこか磨き残しがあるようです。

日本でも、「プラークコントロール」がだいぶ浸透し、歯の健康を考える人が増えたことで、虫歯は年々減少傾向にあります。ところが、近年、若年層を中心に「歯周病」は急増しています。そして深刻なのは、近年歯周病の低年齢化です。

以前は40代以上に起こる病気とされていましたが、現在では5〜14歳で約40%、15~24歳で約60%もの子どもが歯周病かあるいは関連した症状を抱えています。

歯周病の急増は「食事の欧米化」が大きい

日本人の歯周病増加の原因には、食事の欧米化が大きく影響しているといわれています。柔らかい食べ物ばかりを摂取すると、口内に唾液が出にくくなります。唾液には、口内の「殺菌作用」と「潤滑作用」があり、食べかすをきれいに流してくれる働きがあります。唾液が少ないと、食べかすが口内に残り、それをエサに細菌が増殖して、プラークができやすくなります。

歯周病のもっとも効果的な予防は「歯磨き」です。普段から歯磨きをがんばっていても、完全にできているかどうか不安はあるでしょう。そこで、プロによる歯のクリーニングを試してみてはどうでしょうか。

プロによる「本格的な」歯のクリーニング

PMTCは、プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、国家資格を持った歯科衛生士が行う本格的な「歯のクリーニング」です。

PMTCでは「スケーラー」という器具を使って、歯周ポケットを中心に、
(1)自分では落とすことのできない汚れ、
(2)歯垢や歯石
(3)プラークの元となるバイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)を専門の技術を使って除去します。

クリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはなく、痛みを伴うことはほとんどありません。普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れるため、口のなかが軽くなるような、すっきりした爽快感を味わうことができます。

できれば、3ヶ月に1度がおすすめ

歯科医院の多くは、PMTCで「歯垢染色剤」を使い、磨き残しがどのくらいあるか、毎日のブラッシングが正しくできているか、を確認してくれます。そのうえで、自分の磨きクセなどを指摘しながら、ブラッシング指導を受けるため、今後の歯磨きの参考になるでしょう。

子どもが歯科検診で「歯肉炎」と診断されたときは注意が必要です。歯肉炎は歯周病の初期段階と考えられる病気です。腫れが治まるのを待って、など放置をしたことで歯周病にまで進むケースが多く見られます。

バイオフィルムは、約3ヶ月で再生されると言われています。できれば、3ヶ月に1度など定期的なPMTCをおすすめします。PMTCは、保険診療の範囲内で行うものと、自費診療によってさらに徹底したクリーニングを行うものがあります。詳しくは歯科医院に問い合わせてみましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る