コレステロールの「善玉」と「悪玉」ってなに?【監修医師:国分寺内科クリニック 木村武史 院長】

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『コレステロールの「善玉」と「悪玉」ってなに?』をご紹介させて頂きます。

本記事は国分寺内科クリニック(東京都国分寺市)の木村 武史先生にご監修いただきました。

コレステロールが高いとなぜいけないのか

コレステロールは体の組織やホルモン、胆汁酸などの材料になるなど、重要な働きをしています。しかし、コレステロールが高すぎると、血管の壁にコレステロールが溜まり、血管が狭くなってしまいます(動脈硬化)。心臓の血管がふさがると心筋梗塞となり、生命の危険があります。

コレステロールには2つの種類がある

コレステロールには、LDL-コレステロールとHDL-コレステロールの2種類があります。LDL-コレステロールは増えすぎると動脈硬化をおこすことから悪玉コレステロールと呼ばれています。HDL-コレステロールは血管にたまった余分なコレステロールを回収する「掃除係」で、少ないと動脈硬化がおきることから善玉コレステロールと呼ばれています。

コレステロールを改善するにはどうしたらよいか

食事・運動などの生活習慣の改善が必要です。特に、食事の改善が重要です。生活習慣を改善してもコレステロールが十分に改善しない場合には、薬が処方されることもあります。薬を飲んでいても、生活習慣の改善は継続する必要があります。


LDL-コレステロールをどこまで下げればよいか

目標値は合併症や喫煙の有無、年齢、性別などによって異なります。高LDL-コレステロール血症の基準は140mg/dL以上となっており、どのような方であっても180mg/dL以上は高すぎる値です。糖尿病などの合併症がある場合には、LDL-コレステロール120mg/dL未満が目標となります。

食事は何に気を付ければよいか

食事はまず適正なエネルギー摂取量とすることが重要です。適正なエネルギー摂取量は標準体重から算出することができます。標準体重は身長(m)×身長(m)×22で算出でき、多くの場合は標準体重(kg)×25~30程度が適正なエネルギー摂取量となります。その他、食物繊維を積極的にとり、コレステロールを多く含む食材を避けることが勧められています。また、お酒の飲みすぎもよくありません。


薬は一生飲み続けなければいけないのか

動脈硬化を予防・治療するためには適切なコレステロール値を保つ必要があり、薬は長期にわたり飲む必要がある場合が多いです。食事・運動療法を積極的に行うことで、薬の量を減らしたり、薬をやめることができる場合もあります。ただし、自己判断で薬の内服を中断することは危険です。

【この記事の監修・執筆医師】

国分寺内科クリニック
医学博士 木村 武史(きむら たけし)院長

◇保有資格
医学博士(東京大学大学院医学系研究科)
日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医
日本糖尿病協会療養指導医

◇医院情報
〒185-0012
東京都国分寺市本町2-2-1 cocobunji EAST 2F

TEL:042-322-1071

診療科目:内科、糖尿病・代謝内科、内分泌内科、健診・予防接種

◇リンク
国分寺内科クリニック公式ホームページ
WEB予約はこちら

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。