子供を「風邪からは守る」ための対策とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『子供を「風邪からは守る」ための対策とは?』をご紹介させて頂きます。

風邪には「3つの種類」がある

風邪は、空気中に浮遊するウイルスなどの「病原菌」を鼻やのどから吸い込み、粘膜で増殖することによって引き起こされる鼻やのど(呼吸器系)の炎症です。医学的には「風邪症候群」というくくりで呼ばれています。

風邪のなかには、年中通して起こる一般的なものを「普通感冒」、インフルエンザウイルスによって特定の時期に流行する「流行性感冒」、お腹の風邪と言われる「感染性胃腸炎」に分けることができます。

冬の風邪は「のど風邪」

冬の風邪は、上気道(空気の通り道)に炎症がみられるのが特徴です。そのため「のど風邪」と呼ばれることもあります。ウイルスが体に侵入して、症状がでるまでの期間(潜伏期間)は、5〜6日かかります。

いよいよ感染すると、
(1)くしゃみ
(2)鼻みず
(3)鼻づまり
(4)のどの痛み
(5)のどのいがらっぽさ
(6)たん
(7)咳
(8)発熱
といった症状に、子供の体はきつい思いをするでしょう。

風邪予防の基本は「保温」と「保湿」

冬の風邪の原因となる「RSウイルス」や「コロナウイルス」は、寒さや乾燥が大好きです。したがって予防には、「保温」と「保湿」がとても大事です。体を冷やさないようにして、特に部屋の湿度は、約60%以上を保つように心がけます。乾燥がひどい日のお出かけには、マスクを着けてあげましょう。

また、保温を気にするあまり、部屋の空気が汚れていることに気づかないときがあります。定期的に窓を開けて、十分な換気をしましょう。部屋に溜まったウイルスを外に追い出してあげるのです。

抵抗力アップに「海苔」が効く?

ウイルスを吸い込んでも抵抗力があれば風邪をひかない、あるいは初期症状で回復できるものです。ふだんの食事では、摂取する栄養素に少し気を配ることで、風邪の予防につながります。

抵抗力や免疫力を高めるには、「タンパク質」と「ビタミン」が必要です。子供は、牛乳などの乳製品や卵を好むことから、タンパク質は摂りやすいものです。それでも念のため、お豆腐などの豆類も食事のメニューに加えておくとよいでしょう。

ビタミンは、ほうれん草など野菜から摂るのがいちばんですが、なかなか食べてくれない子もいます。そこでおすすめは「焼き海苔」です。焼き海苔は、抵抗力を強化するのに必要な「ビタミンA」と「ビタミンC」が多く含まれています。また「鉄分」、「カリウム」、「カルシウム」といったミネラルも豊富で、栄養バランスに優れた食品です。

手軽に食べられるので、ご飯に巻いたり、お味噌汁やうどんに浮かべたり、好きな形にちぎって食べたり、など食べやすい環境を作ってあげましょう。

寒くても「過剰な厚着」は体を冷やす

子供は体温が高く、わずかな温度差にも汗をかきやすい体質です。そのため、部屋やお店や電車の中など、大人の体温にあわせた設定をしている場所に長くいると、子供は暑くて汗をかいてしまいます。そして、かいた汗をそのままにしておくと、体が冷えて、風邪をひきやすくなります。

部屋のなかで過ごす日は、過剰な厚着はかえって体によくありません。ママやパパは、ちょくちょく子供の首もとを触ったり、背中に手を入れたりして、体に汗をかいていないか確認しましょう。汗をかいているようなら、すぐに下着をとり替えます。

また、お出かけには、真冬でも「替えの下着」を持って外出しましょう。電車などの交通機関でも、10分以上乗るときは、車内の温度を考えたうえで、子供の上着は脱がせるなどの対応が必要です。

予防対策は「うがい」、「水分補給」、「睡眠」

風邪の予防対策には、まず「うがい」が大切です。朝起きたら、外から帰ってきたら、うがいをする習慣をつけましょう。「ガラガラうがい」をすることによって、喉の粘膜にいる(かもしれない)ウイルスを追い出すことができます。

うがいがまだできない、またはちょっと苦手なお子さんは、「ぬるいお茶」を飲ませてあげます。お茶に含まれるカテキンには、ウイルスの活動を抑える効果があります。

さらに風邪の予防には、「水分補給」と「睡眠」です。ぬるめの白湯を食事のたびに飲ませて体の代謝を促します。そして夜ぐっすり眠れるように、休日でも早起きをさせましょう。朝の太陽を浴びることで、自律神経が整えられて、質のよい睡眠をとることができるのです。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る