スキンケアの始まりは洗顔に始まり洗顔に終わります

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『スキンケアの始まりは洗顔に始まり洗顔に終わります』をご紹介させて頂きます。

スキンケアはとにかく汚れ落としが肝心。しかし、必要な脂分まで落としてしまっては従来の洗顔の意味がありません。乾燥シーズンに向けて洗顔とクレンジングのあれこれをご紹介。

W洗顔はいいの?よくないの?

メイク汚れが肌に残っているのがそもそもの悪、ということで、メイクを落とすためにクレンジングをして、そのあと、洗顔というW洗顔が主流になっていたところ、それが乾燥肌を引きおこす原因と言われ始めました。
そこで、1本でクレンジングもでき洗顔もできるという洗顔料に飛びついた方も多いはず。しかし、1本でクレンジングできるということは、実はとても洗浄力も強いということ。これでは、反対にお肌に負担になっていないでしょうか。
洗ったあと、あーすっきりしたと感じる時、かなりお肌の脂分は減っているはず。しかし、洗浄力の弱い洗顔を使うと、次の化粧水をコットンでつける時など、コットンに色がつくことも。落ちてないと、唖然とします。
W洗顔のいいところは、まず化粧品の油分を落とすには、クレンジングの脂分と混ざり合って、肌から浮いてきたものを取り去ります。そのあとの洗顔料では肌に必要な脂分はそのままで、その他のいらない脂分や汚れを落としてくれる働きがあります。
なので、しっかり化粧をした日は、はやりW洗顔がオススメ。しかし、お休みの日など、薄化粧や日焼け止め、パウダー程度の日には、W洗顔は必要ありません。洗顔だけでも十分なのです。

目元口元は専用のクレンジングがオススメ

もし、部分メイクがしっかりの場合、洗浄力の弱い洗顔を使っても落ちないことがあります。その場合は、部分メイク(色の付いている目元や唇)だけでも、専用のクレンジング剤を使う方がいいでしょう。コットンにつけて部分的にとるものなどがこすらずに落とせて秀逸なものが出ています。濃いめのメイクの時は専用のものを使うようにしましょう。
知らず知らずに落ちていない色素が沈着して、目の周りがなんとなくくすんでいたり、どす黒く感じるようであれば、専用クレンジングなどを使ってみてください。クレンジングのあとは、目元も可能な美白パックなどで、くすみを解消しましょう。

ではどんなクレンジングがいいの?

クレンジングはファンデーションなどのオイルを浮かせて取るものと心得て、テクスチャーはどちらかというと固め、ジェルやクリームがオススメです。優しく両手でメイクに馴染ませるのがコツです。長くても30秒以内くらいで手早く終わらせましょう。また、コットンやガーゼで拭き取りはNG。摩擦は黒ずみの原因になるので、水やお湯で落とせるものの方がいいでしょう。

クレンジングのあとは?

洗顔料で、クレンジングで取れなかった脂分や汚れを泡で落とします。界面活性剤の少ない固形石鹸や、泡タイプなどがオススメですが、最近は固形石鹸よりも刺激の少ないペースト型の洗顔料も出ていますので、自分にあった洗顔料を選ぶようにしましょう。ペースト型やボトル型の洗顔料は多めに出やすいので気をつけてください。
洗顔料を使わない方法としては、拭き取り化粧水を使うというもの。こちらは余分な脂分、クレンジングで落ちなかった脂分や汚れを落とせます。水洗顔のあと、拭き取り化粧水をたっぷりコットンに含ませて、こすらずにさっと拭き取ります。これでも十分汚れは落ちます。拭き取り化粧水はアルコールが含まれている場合が多いので、成分を確認して、アルコールにアレルギーのある方は使わないようにしましょう。

涼しくなってくるとゆらぎ肌になって、乾燥が激しい、という方には、クレンジングと洗顔を変えることをお進めします。汚れを落とすことも大事ですが、ゆらぎ肌の時は、脂分をとってしまわないように、クレンジングのみにして、しばらくW洗顔をやめてみるのも手です。洗顔を変えることで肌調子も変わります。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る