お肌に効く「ギリシャヨーグルト」は、何が違うの?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『お肌に効く「ギリシャヨーグルト」は、何が違うの?』をご紹介させて頂きます。

ヨーグルトは「美容と健康」を助ける食材!

ヨーグルトの健康効果といえば、おもに(1)整腸作用、(2)免疫力向上、(3)美肌効果でしょう。ヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やし、ビタミンB群やビタミンKを作ってくれます。そして、食物繊維の消化を助けて、糖などのエネルギー源に変えてくれます。

腸内環境が改善されると、腸の免疫細胞が活発化して、体全体の免疫力が向上します。また、体にある有害物質を皮脂や汗といっしょに排泄する働きを促す作用もあり、美肌効果が高まります。ヨーグルトは、美容と健康を助ける象徴的な食べ物の1つといえるでしょう。

ギリシャヨーグルトは「製法」が違う

近ごろ、美容と健康によいとされる「ギリシャヨーグルト」が日本でもブームになりつつあります。ブームを作ったのはヘルシー志向が多く暮らすニューヨークでした。いまやヨーグルト市場の売上げの約40%をギリシャヨーグルトが占めるほどの勢いが、全米に広まっているといいます。日本では、2011年に大手食品メーカーが、はじめて「ギリシャヨーグルト」を発売しています。

市販されている「普通のヨーグルト」は、牛や羊のお乳を温め、発酵させて作られます。ところが、ギリシャヨーグルトは、発酵させてできた普通のヨーグルトをモスリンなどの布を使ってろ過し、「水切り」という工程を行います。

ヤギやひつじの放牧が盛んなギリシャでは、2000年以上前から「水切り」を加えた製法が行われているといいます。水分を取り除き、長期保存できる食材に変えるのは、遊牧民の知恵から生まれたのかもしれません。

普通のヨーグルトとはまったく違う味わい

普通のプレーンヨーグルトを開封すると、ヨーグルトの上に水分が溜まっているのを見かけるでしょう。あの水分は「ホエイ」(乳清)と呼ばれ、ヨーグルトやを作るときに固形物と分離されてできた水溶液です。

ギリシャヨーグルトは、水切りをすることでホエイをすべて取り除いています。すると、酸味の少ないクリームチーズのように濃厚でまったりした食感とクリーミーな味わいが生まれます。これは、普通のヨーグルトとはまったく違う味わいです。

実は「低糖質・高タンパク・低カロリー」な美容食

栄養価に注目すると、普通のヨーグルトにくらべて「タンパク質が約2倍」、さらに水切りによって糖質が抜けるため「低糖質」です。そしてヨーグルトはもともと低カロリーですから、つまりギリシャヨーグルトは「低糖質・高タンパク・低カロリー」な美容食というわけです。

「低糖質・高タンパク・低カロリー」の食べ物は、痩せやすい体を作るといわれています。ギリシャヨーグルトは、クリームチーズのような食感のため、サラダなどの野菜だけでなく、肉や魚料理に合わせても食べやすく、摂取しやすい食べ物といえるでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る