太ももにあらわれるデコボコ!「セルライト」が気になる!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『太ももにあらわれるデコボコ!「セルライト」が気になる!』をご紹介させて頂きます。

日本人女性の「約90%」が持っている!

暑い夏でなくても、太ももの太さを気にしていると女性はたくさんいるでしょう。脚が細いと、パンツでもスカートでもきれいに着こなせます。そこでダイエットに励んでみたものの「太ももがなかなか痩せない」という悩みをよく聞きます。

体はスリムになっても、太ももはなかなか痩せづらいパーツです。その理由の1つが「セルライト」です。セルライトは、太もも、お腹、お尻などにあらわれる、ボコボコした皮膚のオウトツで、食事制限では除去しづらいのが特徴です。日本人女性の約90%は、どこかしらにセルライトがあるといわれています。

セルライトは「脂肪だけじゃない!?」

人間は「体液循環」という仕組みを使って、体のすみずみに栄養や酸素を届けています。一方、体に溜まった老廃物や疲労物質は、全身に張り巡らされている静脈やリンパ管に流して回収し、いったん心臓に戻されてから、最後は体外に排出します。

しかしその流れが悪くなると、老廃物は排出されず、体内を行き来するようになります。そのうちに、余分な水分といっしょに「脂肪細胞」に付着し、それがだんだん肥大化してコラーゲン線維と結びつくと、皮膚にオウトツを作ります。 これが「セルライト」です。

なぜ、皮膚がデコボコになるの?

セルライトができる原因は、特定されていません。運動不足で筋肉への刺激が少ない、乱れた食生活、寝不足、長時間の立ち仕事、ホルモンバランス、自律神経の乱れ、冷え、年齢による代謝の低下、など多くの理由が考えられています。

皮膚にオウトツができるのは、皮下脂肪が肥大化し、変形して固まったためといわれてます。先に挙げた多くの理由から血行不良を起こし、脂肪細胞同士が凝り固まって起こるようです。もともとある脂肪の量によって、オウトツの程度は変わります。

強いマッサージは、かえって「NG!」

セルライトは除去しづらいといいますが、それは脂肪がコラーゲンと結びついてできているためです。コラーゲンは繊維であるため、少々運動したくらいでは、なかなか小さくなってくれません。

また乱暴にマッサージをすると、まわりの皮下脂肪を傷つけてしまいます。すると、細胞の修復機能によって、コラーゲンの繊維はより太くなり、セルライトはますます大きくなってしまうでしょう。

お風呂マッサージを「日課に」しよう

セルライトを乱暴に潰すのはよくありません。まずは血行不良の改善から始めてはどうでしょう。お風呂で体を温めながら、次のようなマッサージを日課にして続けると効果があるようです。

(1)足裏の土踏まずを刺激する
(2)くるぶしの下や足首を刺激する
(3)足首から上に向かってふくらはぎを刺激する
(4)ひざの裏を刺激する

そして、冷たい飲み物を控える、早く寝る、適度に体を動かすなど生活のリズムを整えることも大事です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る