なぜ、「顔のたるみ」は、起こるのか?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『なぜ、「顔のたるみ」は、起こるのか?』をご紹介させて頂きます。

頬がたるむと「7歳」老けてみえる?

見た目年齢が上がってみえるのは、「シミ」、「シワ」、そして「顔のたるみ」といわれています。頬がたるむとほうれい線ができやすくなり、実年齢よりも5~7歳は老けてみられてしまいます。

また、口角が下がることで、にこやかな表情を見せているつもりでも、周囲から暗い、厳しい、神経質な人といった印象を持たれてしまうこともあります。

たるみの「原因」は、年齢だけではない

年齢を重ねてゆくと、肌の「はり」や「つや」はどうしても変わります。そして、頬や目の下のたるみも、少しずつ目立つようになるでしょう。しかし、顔のたるみは年齢だけが原因ではないようです。

年齢が若くても、頬・目の下・まぶたがたるみ、ほうれい線が目立つ人が増えています。「まだ20代だから大丈夫」という油断は危険です。顔のたるみの原因は、日常生活の意外なところに隠れています。

顔のたみる「5つ」の原因

皮膚は外側から、
(1)表皮
(2)真皮
(3)皮下組織 に分けられます。
「(1)表皮」は外からの刺激などから体を守り、 内部の水分が蒸発するのを防ぐ、バリアの働きをします。
「(2)真皮」は、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなど水分保持能力の高い成分が含まれています。
「(3)皮下脂肪」は、おもい体温を維持する役目を果たしています。
一般的に「お肌の弾力」は、これらの成分が真皮層に適切に存在することで保たれています。ところが、次のようなことで、お肌の弾力は失われてしまうのです。

<加齢>
肌の弾力を保つコラーゲンは、年齢とともに減少します。年齢が50代では、20代の約50%量に減るといわれています。また、コラーゲンやエラスチンなどの成分の質が悪くなり、水分の保持能力が低下し、お肌が乾燥した状態になります。

水分が抜けると真皮に「へこみ」があわられ、組織を支えきれなくなり、表皮(一番外側の皮膚層)が落ちてしまいます。

<紫外線>
紫外線A波(UV-A)は、波長が長いため、お肌の奥深く真皮層まで到達し、届きます。DNAを傷つけ、コラーゲンやエラスチンなどを破壊します。そして、たるみの大きな原因となります。紫外線によるお肌への影響は「シミ」だけでなく、「たるみ」を作ることは案外知られていないようです。

<筋肉の衰え>
顔の肌は「表情筋」という筋肉の上に「脂肪」と「皮膚」がのっています。年齢を重ねると、表情筋の筋線維は細くなります。すると、そのすき間を脂肪が埋めてしまいます。増えた脂肪の重みによって、その上の皮膚が支えきれなくなり、お肌がたるむことになります。

<姿勢の悪さ>
顔のたるみは、意外にも「体のゆがみ」も原因のひとつです。顔は、首から背中まで背骨やリンパ線で繋がっています。姿勢が悪く猫背などで首が曲がると、頭の重みが顔にかかり、頬のたるみ、二重あごの症状を引き起こすことが明らかになっています。

諦めず「できるところから」始めてみる!

顔のたるみは、「加齢のよるもの」と諦めるものではありません。日常生活の心がけで予防することが可能です。次のような改善策を、できるところから始めてはいかがでしょう。

・紫外線対策をしっかり行う
・できるだけ早寝をして良質な睡眠をとる
・消化の良い食事に気を配る
・水分を多めに摂取する
・顔の表情筋を鍛えるトレーニングをはじめる

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。