かかとの皮膚が硬くなる「角化症」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『かかとの皮膚が硬くなる「角化症」とは?』をご紹介させて頂きます。

かかとのカチカチは「角化症」かも?

女性が抱える足の肌トラブルで、特に夏に向けて悩ましいのは「かかと」のカチカチではないでしょうか。あまり人に見られたくないし、それに放っておくと、ガサガサに乾燥してひび割れることもあり、素足でサンダルを履くのが悲しくなりそうです。

これは「角化症」と呼ばれる疾患です。古い角質が皮膚表面に残っていると、歩行や紫外線など外からの刺激に、体の内部を保護しようとして、かかとの角質は厚く硬くなっていきます。さらに、角質が厚くなりすぎると、水分がいき渡らなくなり、皮膚は乾燥が進んで荒れたり、ひび割れたりしてしまいます。

私たちの皮膚は「3層」構造

私たちの皮膚は、外側から(1)表皮、(2)真皮、(3)皮下組織という3つから構成されています。3層を組み合わせることで、外的からの衝撃や刺激から体を守っています。

角化症が起こるのは、表皮の一番外側(皮膚の表面)の「角質層」です。角質層は約0.02㎜の厚さのなかに「角質細胞」がレンガ状に10~20層積み重なり、外部からの水分の侵入を防ぎ、さらに内部の水分が蒸発するのを防ぐという役割を担っています。

角化症は、どう「はじまる」のか?

人間の肌は、表皮の基底層(いちばん底にある層)で作られた細胞が、約28日かけて表面に押し上げられ、最後は「アカ」となって自然にはがれ落ちる仕組みによって、新陳代謝が行われています。この仕組み(サイクル)を「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーが繰り返されることで、お肌は生まれ変わっています。ところが、
(1)加齢
(2)乾燥
(3)疲労
(4)ストレス 
などによってターンオーバーが乱れると、古い角質が剥がれ落ちるまえに新しい角質が重なり、だんだんと硬くなってしまいます。その現象が「角化症」のはじまりです。

気になったら「皮膚科」に相談

かかとのガサガサがひどく、ひび割れを見つけたら、まず保湿クリームを塗って様子をみます。数日たっても改善しないときは、皮膚科を受診するとよいでしょう。症状に合わせた「塗り薬」や末梢神経の冷えを防ぎ、血行を促進する「内服薬」が処方されるでしょう。

日常生活では、塗り薬を正しく続けることと、水分と油分の補給を心がけます。入浴中に、軽石やフットケア専用のヤスリで擦る人もいますが、やり過ぎは禁物です。体が防御機能を発揮して、かかとの皮膚はかえって厚くなります。表面の角質だけを、やさしく一方向に向かって削ります。削ったあとは、しっかりと保湿クリームを塗りましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る