お腹が空くと「頭が痛くなる」のは、なぜ?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『お腹が空くと「頭が痛くなる」のは、なぜ?』をご紹介させて頂きます。

空腹時の頭痛は「血糖値の低下」が原因

お腹が空くと「頭が痛くなる」という症状に悩む人は案外多いようです。ドクンドクンという頭痛に加えて「イライラ」や「体のだるさ」に襲われます。人によっては、吐き気やめまいが同時に起こることがあります。

これらの症状が起こるのは「血糖値の低下」が大きな原因です。血糖値とは、血液のなかのブドウ糖(グルコース)の濃度です。

私たちは食物から栄養を吸収していますが、栄養に欠かせない糖質は、体内に入るとグリコーゲンという多糖類に変わり、肝臓や筋肉に蓄えられます。そこから、ブドウ糖に変化し、血液を通して全身の細胞に運ばれて行きます。健康であれば、ブドウ糖は血管を通して全身を巡り、脳や筋肉などを正常に動かすエネルギー源としての役割を果しています。

なぜ「低血糖で頭痛」が起こるのか?

血糖値が低いとは、血液中のブドウ糖の量が減っている状態です。ブドウ糖は「脳が働くため」には欠かせないエネルギー源です。血糖値が低い状態になると、脳はエネルギー補給を求めて、「アドレナリン」などのホルモンを分泌します。

アドレナリンは、生命や体の危機に備えて「緊張、闘争心、攻撃性、危機回避などを準備するため」のホルモンです。スポーツ選手などが大事な場面で興奮したときに「アドレナリンが出ました」という表現をよく発しますが、これはアドレナリンが分泌したことにより、(1)呼吸が速くなる、(2)血管を拡張する、(3)筋力が向上するといった動きが行われたことを意味します。

血糖の低下は、脳の働きが鈍くなるため、生命や体の危機に繋がるとして、脳はアドレナリンを分泌して、「エネルギーの補給」を体の各機関に要求します。いわば非常体制が発令されたと同じでしょう。その結果、脳内の血管は拡張します。そして、神経を圧迫して「頭痛」を起こしています。

低血糖になりやすい人

血糖値が低下すると、「急いでブドウ糖の補給」を求めて、脳の摂取中枢は「空腹感」を発信します。すると私たちは、つい糖質の多い食物を摂り過ぎてしまうことがあります。すると今度は、血糖値が上がり過ぎてしまいます。

体は急激に上昇した血糖値を下げようとして、「インスリン」というホルモンが分泌されます。体の危険を察知したインスリンの活躍で、今度は血糖値は下がりぎみになります。すると、脳はアドレナリンなどを分泌します。

お腹が空いた → 血糖値が下がる → 頭痛が起こる → 急にたくさん食べる → 血糖値が上がり過ぎる → 血糖値を下げようとする → 頭痛が起こる、といった悪循環に陥ることでしょう。

「頭が疲れたら甘いものを摂るといい」という言葉がありますが、そこでお菓子などを必要以上に食べてしまう人は、血糖の上昇と下降をくり返して「強い頭痛」に見舞われます。他にも、
(1)1回の食事量が少ない人
(2)1日の食事回数が少ない人
(3)食事を摂る間隔が広い人
 は、低血糖になりやすいため、気をつけましょう。

空腹時の頭痛は「食事の仕方」で予防する

食事の仕方の工夫で、「空腹時の頭痛」は予防できます。お腹が空いているときは、血糖値をゆるやかに上げるような食事の仕方が大事です。

糖質が含まれているものは、あとにして、先に野菜やスープなどをいただきます。血糖値がゆっくり上昇することで、インスリンが分泌されることを防ぐことができます。

野菜や水分などでお腹をなじませながら、お肉やお魚などを食べてタンパク質を摂取します。そのあとで白米や麺類などに手をつけてゆくとよいでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。