びっくり!「パクチー」の健康と美容効果

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『びっくり!「パクチー」の健康と美容効果』をご紹介させて頂きます。

ついに来た「パクチー・ブーム」!!

2017年5月、東京・新宿では「パクチーフェス2017」というイベントが開かれました。パクチーが主役のグルメフェスです。イベントを知らせるポスターには「たぶん世界で最初の大型パクチーフェス」と書かれていました。

パクチーフェスは、タイやベトナムの料理を中心に、すべての料理に「パクチーましまし」で、参加した人たちは、心ゆくまでパクチーを味わったことでしょう。パクチーブームもいよいよここまで来たか、という感じです。

パクチーはクセのある食材ですが、最近になって健康や美容に効果があるとして、女性を中心に人気が高まっています。そして、パクチーを愛する人は「パクチスト」と呼ぶそうです。

「パクチー」と「コリアンダー」は同じもの?

その独特な香りと味わいから、好みが分かれるパウチーは、「ハマるとハマる」食材の代表かもしれません。アジア料理では香味としての使われ方がほとんどですが、最近ではパクチーそのものを味わう人が増えています。

パクチー専門のお店もいくつかあり、また家庭用の栽培キットが販売され、パクチーを家庭で育てて楽しむ通称「うちパク(家でパクチーを食べること)」も広がっています(外食でパクチーを食べることは「外パク」と呼ぶそうです)。

さて「パクチー」はセリ科に属する1年草で、その種は「コリアンダーシード」として、カレーなどのスパイスに使われています。そのため、パクチー(タイ語)は、英語では「コリアンダー」といいます。

魅力は「アンチエイジング」と「デトックス」

パクチーはもともと地中海が原産で、古代ギリシャやローマでも薬草として利用されていた経緯があります。栄養価としては、ビタミンA、B2、C、Eなど豊富なビタミン類と、マグネシウム、カルシウム、カリウム、リン、鉄などのミネラルが含まれています。

<眼の疲れを癒す>
ビタミンAは、目の健康を保つために必要不可欠なビタミンで、眼精疲労やドライアイを防ぐ効果があります。

<代謝をよくして、お肌の再生>
ビタミンB2は、美容効果が期待できます。脂質の代謝と肌の再生を促す効果があり、美容サプリメントに使うことの多いビタミンです。

<シミやシワを改善する>
ビタミンCは、美肌効果(シミやシワの改善など)が広く知られるところですが、疲労回復、免疫力強化、病気予防にも効果を発揮します。

<若返り効果>
ビタミンEは、老化を防ぐ抗酸化作用が強く、「若返りのビタミン」とも言われます。老化現象や動脈硬化・糖尿病などの生活習慣病の発生原因とされる「活性酸素」が増えるのを抑える効果がある成分です。

活性酸素を溜まるのを防ぐ機能は加齢とともに低下します。抗酸化力が高い食材の代表といえば「大豆」ですが、パクチーはその約10倍の抗酸化力を持っています。

<高い、デトックス効果>
私たちの体には食べ物や自動車の排気ガス、工場の排煙などによって体内に入った「有害金属(水銀、ヒ素、鉛、カドミウムなど)」が知らないうちに溜まっています。有害金属は血流を悪くし、吹き出物やクマなどお肌のトラブルにつながります。

最近の研究で、パクチーは有害金属を体外に排出する「キレート作用」の働きに優れていることが明らかになっています。パクチーに含まれるデトックス成分(詳細は研究中とのこと)は、血液中で有害金属の分子を左右から包むように捕まえ、科学結合することで体内への吸収を防ぎ、そのまま体の外へ排出します。

でも、食べ過ぎは注意して!!

パクチーは、その他にも、整腸作用、消化促進、食欲増進、体臭予防、更年期障害などに効果があるとされています。

しかし、パクチーを食べ過ぎると「腹痛」「下痢」「頭痛」などの症状をうったえる人がいるようです。健康や美容によいからといっても食べ過ぎはよくありません。食材からの効果を楽しく受け取るには、何ごとも適量がいちばんです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。