今日からはじめる「若年性認知症」を予防する習慣

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『今日からはじめる「若年性認知症」を予防する習慣』をご紹介させて頂きます。

10代・20代も認知症になる時代

認知症は高齢者が患うものではなく、若い世代でも認知症になる人が増えています。18歳から64歳以下の人が認知症と診断されると、「若年性認知症(若年性アルツハイマー)」と呼ばれます。

厚生労働省の調査によると、若年性認知症の患者は全国に約4万人にのぼると言われています。しかし、症状があっても「まだ若いから」と放置していたり、病院で診察を受けても、うつ病や更年期障害などと誤解され、正確な発症患者数は把握できていません。

それでも、10代や20代でも認知症患者がいることは事実で、調査による推定発症年齢の平均が「51.3歳」というデータには、想像よりも若いことに驚きます。

初期症状は「自覚がないこと」が多い

若年性認知症は、初期のあいだは自覚症状がないことが多く、ストレスやうつ病とも間違えやすく、発見が遅れるケースが少なくありません。それでも次のような症状が頻繁に見られるときは、若年性認知症の疑いがあります。

・日常生活に支障が出るほど物忘れが多い
・話したり書いたりするときに、言葉がつまって出てこない
・集中力がなく、今までしていた仕事や作業に時間がかかる

そして特に物忘れは、「忘れたこと自体を覚えていない」経験が一度でもあれば、若年性認知症の兆候と考えてよいでしょう。自分の予定や友人との約束を忘れているのに、はじめからなかったように振るまう様子はその典型です。

また、頭痛、めまい、不眠、不安、なども、よく見られる症状です。さらに意欲がなくなる、自己中心的になる、頑固になる、他人への配慮がなくなるのも、初期症状でよく見られる兆候です。

青魚を食べるなど、食生活を見直す

若年性認知症の発症原因の多くは、生活習慣にあると考えられています。実際、初期症状があらわれた人の生活習慣を見直したところ、症状に改善が見られることがあります。そのため、できれば30歳から「生活習慣の見直し」をすることで、若年性認知症の予防につとめましょう。

次のようなことを気をつけるだけでも、若年性認知症の発症リスクが下がるとの報告があります。

<食生活>

・塩分を摂りすぎない
・動物性脂肪(牛肉・豚肉など)はなるべく控える
・脳動脈をしなやかに維持するため、糖質は摂りすぎない
・食事はよく噛んで、脳を刺激する
・青魚を食べて、DHAやEPAを摂取する
・野菜、果物を摂り、脳にミネラルやビタミンを供給する

<生活習慣>

・早寝早起きを心がける
・できれば、煙草はやめる
・過度な飲酒はしない
・日頃から体重を確認して、肥満を防ぐ
・定期的な健康診断を受ける
・生活習慣病(高血圧症脂質異常症、高血糖症)があれば、しっかり治療する

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る