暑い日こそ「白湯」を飲んでデトックス!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『暑い日こそ「白湯」を飲んでデトックス!』をご紹介させて頂きます。

暑い日こそ「さゆ女子」

暑い夏がそこまで来ています。汗をかく季節は、冷たぁーい麦茶やアイスコーヒー、夜はきんきんのビールといきたいところですね。という習慣から「あたし、そろそろ卒業します!」という人が増えているようです。

いったい、どんな人たちなんでしょう。それは暑い夏こそ「消化力 & 代謝力」のWアップで、体のきれいキープに励む「さゆ女子」と呼ばれる女性たちです。

白湯は「理想的な」飲み物

およそ5000年以上の歴史を持つといわれるインド伝承医学「アーユルヴェーダ」では、白湯は「体内を浄化する理想的な飲み物」として活用しています。

アーユルヴェーダは、世界保険機構(WHO)も認める西洋医学の代替手段として、特に予防医学の分野では、世界で実践する人が急増する医学です。

もともとはアーユルヴェーダは、病気を予防したり治したりすることだけに焦点があるのではなく、人がより自然のあり方に近く生きるために、心身が幸福に満ちた人生を送るうえでの「智慧(ちえ)」として存在しています。

そのなかで白湯が「理想的な飲み物」と呼ばれるには、そこに大きな効果があることが分かります。おそらく、健康で美しく暮らすためのヒントがあるような、そんな匂いがプンプンしてきます。「温めたお湯を飲む」というとてもシンプルな方法は、体にもお財布にも優しく、そして得られる効果は多く、体の内側と外側によい影響をもたらしてくれそうです。

「消化力」アップで、体が軽くなる

人間は「消化力」が低下すると栄養が吸収できなくなり、体を動かすエネルギーが不足したり、消化できなかった食べ物が体に溜まったりして、(1)体がダルい、(2)気持ちが晴れない、(3)お肌もくすんで、(4)やる気も起きない、などの悪循環な生活に突入しがちです。

食事のときに、カップ1杯の白湯をすすりながら食べる習慣をはじめてみましょう。たったこれだけのことですが、胃腸がほっこり温まり、消化力が高まります。

そして、白湯は体内に溜まった未消化物を掃除する効果もあります。毎食続けてみます。すると、1週間ほどで消化力はアップし、「あれっ、あたし体がなんか軽いかも」と感じる効果を、ぜひお試しください。

「代謝力」アップで、痩せやすい体質に

「ダイエット成功の鍵は基礎代謝アップ」とよくいわれます。基礎代謝とは、呼吸をする、内臓を動かすなど、人間が生命を維持するために使われるエネルギーのことです。

1日に何度か「白湯を飲む」習慣をつけると、内臓から体が温まり、基礎代謝がアップします。そのときにエネルギーとして燃焼するのは、体に溜まった「脂肪」です。

基礎代謝アップは、脂肪燃焼の効率アップでもあるわけです。痩せにくい人の体は、内臓が冷えている傾向があります。白湯の代謝力アップ効果は、太りにくく痩せやすい体質に変わるきっかけになるでしょう。

腸内をきれいにお掃除「デトックス効果」

白湯を飲む習慣は、消化力のアップから「老廃物の排出」を促します。白湯を飲むと、内臓の温度が上がり、腸のぜんどう運動が活発になります。すると、腸内の未消化物や老廃物が体の外へ押し流される「デトックス」の効果があります。

老廃物が排出されると、肝臓や腎臓などの機能も活発になり、さらに体内の浄化が進みます。そして、便秘の解消や、肌荒れの改善にもつながるでしょう。

効果抜群!「アーユルヴェーダ式」の白湯とは…

白湯は、朝起きてコップに1杯、そして食事のたびにコップ1杯ずつ飲むのが理想です。カップ1杯を5~10分くらいかけて、ゆっくり飲みます。胃腸が徐々に温まり、たまっていた老廃物が外に押し流されやすくなります。まずは、1日4杯の白湯を飲むことからはじめてみましょう。

「体内を浄化する理想的な飲み物」としての優れた効果を期待するなら、アーユルヴェーダ式の白湯を飲むのがおすすめです。「やかん」を使って白湯を作るところからはじめます。

(1)やかんに水を入れる
(2)フタをしたまま、沸騰させる
(3)沸騰したらフタを外し、弱火にして10分ほど熱し続ける
(4)10分したら火を消し、50~60℃になるまで冷ます
(5)内臓をじんわりと温めるイメージで、ゆっくりすする

アーユルヴェーダ式の白湯は、デトックス効果を高めるために「十分に熱すること」、「フタをあけて不純物を除くこと」がポイントです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。