梅雨時の咳は「カビ」が原因?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『梅雨時の咳は「カビ」が原因?』をご紹介させて頂きます。

「初夏の咳」が続くようなら…

じめじめする蒸し暑い梅雨の季節が、近づいています。毎年わかっていても憂鬱な気持ちになるのはどうしてでしょう。毎日だいたい湿度は上がりっぱなしで、外は暑かったり寒かったり、気温は急激な変化に体のコンディションを保つのはたいへんです。

そして梅雨の季節に「咳が出る」という人がいます。めまぐるしい気候のせいで「風邪をひいたかも」と思われるでしょうが、市販の風邪薬を飲んでも、微熱、咳、喉の痛みなどの風邪のような症状が続くなら、原因は「カビ」かもしれません。

それは「夏型の肺炎」かもしれない

梅雨時に長引く咳は、夏風邪ということも考えられますが、風邪薬を飲んでも症状が改善しないときは別の原因が疑われます。その場合、細菌やウィルスなどが原因でなく、空気中に浮遊する「ちり」や「ほこり」に混じったカビの胞子を、何度も吸い込んだことによって起こるアレルギー反応の可能性があります。

これは「敏感性肺炎」と呼ばれる呼吸器の病気です。アレルギー性の肺炎で、夏を中心に6月~10月に多く発症するため、「夏型過敏性肺炎」ともいわれ、次のような症状があらわれます。
・咳
・発熱
・息切れ
・呼吸困難

原因は「トリコスポロン」というカビ!

夏型過敏性肺炎の原因のほとんど(約70%以上)は、「トリコスポロン・アサヒ」や「トリコスポロン・ムコイデス」と呼ばれる酵母カビの一種です。トリコスポロンというカビは、高温多湿な環境で発育するため、梅雨をはじめ蒸し暑い日本の夏が大好きです。

室内に発生しやすく、台所、洗面所、お風呂場、洗濯機まわり、エアコンの内部、畳の下などの腐木などでよく見られます。また、温度20度以上、湿度60%以上で活発になるといわれています。

トリコスポロンの胞子は、3~10ミクロンと極めて小さいため、室内などでも飛散しやすく、胞子を吸いこんでから約6~8時間で、カビ(抗原)に反応するリンパ球が肺のなかに増えることで炎症がおこり、咳や発熱など肺炎の症状があわられます。

「呼吸器科」に相談する

3、4日しても風邪のような症状に改善の兆しが見られないときは、すみやかに呼吸器科の専門医に相談しましょう。地域にないときは、かかりつけの内科を受診します。過敏性肺炎は、一般的に、胸部X線検査や血液検査で診断が確定します。

症状が軽いときは、旅行や入院など、抗原(カビ)を避けるだけで自然に改善します。つまり、トリコスポロンを吸入する環境から離れることが大事です。症状が重いときは、ステロイド薬を服用することがあります。

なかには、毎年梅雨の時期に「過敏性肺炎」を発症する人もいます。予防には、大掃除、畳替え、消毒などでトリコスポロンを除去することが必要です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る