季節の変わり目のお肌の変化にご注意!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『季節の変わり目のお肌の変化にご注意!』をご紹介させて頂きます。

ゆらぎ肌とも呼ばれている季節の変わり目のセンシティブなお肌の調子。花粉のシーズンでもあり、今までの化粧品が合わない感じがする、皮膚がピリピリするなど、お肌の調子が悪くなるのが春先。今日は揺らぐお肌トラブルの対処方法をご紹介いたします。

肌タイプが変わったのかな?と思ってしまう季節の変わり目!

特に風の強い春先は、とてもお肌が乾燥します。その上、花粉や、黄砂や公害など空気浮遊物質も多く飛ぶせいか、普段より敏感肌に傾きやすいのです。特に冬場に極端な乾燥肌ではなかった方も、このシーズンに来て、皮が剥けてきたり、粉が吹いてきたり、いつもの化粧品がしみたりします。アレルギー体質になったのかしら、と心配になってしまいますね。
でも、敏感肌と季節の変わり目のゆらぎ肌とは違います。敏感肌は1年中、ゆらぎ肌はその季節に、期間的に肌の調子が悪い時に起こります。
春は気温の変化や、紫外線の変動に体がついていかずに、一時的に肌機能が衰える、俗にいうバリア機能の低下によって、乾燥肌や、肌荒れになってしまいます。人によってはかゆみや、赤みなどが出たり、紫外線の影響でシミになってしまったりしますので、早めの予防が肝心です。

バリア機能の低下を防ぐケアで、予防を

やはり、バリア機能の低下を助けるのは、保湿力の高いクリームやバーム(クリームより硬めのもの)、保湿効果の高い乳液を使ってあげるのが早道です。脂分で壁を補強するイメージです。
もちろん、洗顔の仕方も大切です。洗顔のしすぎ、顔のこすりすぎに気をつけて、なるべく人肌より低めの温度で優しく洗います。このシーズンだけでも、ダブル洗顔をやめて、クレンジングのみにするというのも手です。
冬場の乾燥肌を招いているのも実は洗顔時のお湯の温度。熱すぎるお湯は本来肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいますので、お湯の温度には敏感になって欲しいところ。お風呂やシャワーの温度では高すぎるので、洗面器にぬるめの湯を用意しておくなどして洗顔してください。

症状別スキンケアのコツ

化粧水は、この時期はコットンを使わずに、手でプッシュしましょう。どうしても使う時は、コットンを滑らせずに、押さえる感じで。それでもピリピリ感じるようであれば、アルガンオイルとクリームのみにしてみましょう。乾燥の度合いによって、乳液状→クリーム状→バーム状と肌症状によって変えるといいですね。粉吹きさんには敏感肌でも大丈夫なワセリンやシアバターなどで保湿をしましょう。案外、ニベアだけ、というのもこの時期いいようです。
Tゾーンだけは,脂っぽいという方はその部分はいつものスキンケアで。また、ニキビや吹き出物ができた方には、その部分は避けてください。

ベースメイクはむしろしたほうがいい

ベースメイクではファンデーションなどは塗らなくてもいいですが、日焼け止めは絶対にしてください。外出する時,家の中でも家事などで日光に触れる機会はたくさんあります。今はお肌にとって一番有害なのは紫外線です。
センシティブ用の日焼け止めなどが出ていますので、必ずそれだけはつけるようにしてください。むしろこちらにはお金をかけてもいいと思います。
最近は,下地の中にバリア機能があったり、美容液が含まれていたり、いろいろなタイプがありますので、自分に合いそうな下地を見つけてください。
この季節は,肌に合わないこともあったりするので、お店でサンプルも手に入ると思いますので、試してみるのもいいでしょう。

この季節の肌荒れは一時的なことが多いので、本格的にくる夏の紫外線の前に,できることはしておきたいですね。そろそろ美白ケアも必要なシーズンです。肌荒れでスキンケアを滞っていると,シミが増えた,というお話もあります。バリア機能と美白ケアをしつつ、乗り切ってください。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る