外反母趾と合わせて起こる「内反小趾」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『外反母趾と合わせて起こる「内反小趾」とは?』をご紹介させて頂きます。

足の「小指を観察」してみましょう

外反母趾とは逆に、小指の付け根やそのまわりが歩くたび、靴ずれのように痛むという人は「内反小趾(ないはんしょうし)」という症状の疑いがあります。外反母趾は親指が変形するのに対して、内反小趾は小指が曲がる症状です。靴をぬいで足の小指やその周辺を観察してみましょう。次のような症状があらわれていませんか。

・足の小指が「親指側」に曲がっている
・小指の付け根が「外側」に出っ張っている
・足の小指の付け根のまわりに「タコ」ができている

小指が「10度以上」曲がっている?

自分の足が「内反小趾」であるかどうかは、小指が内側に曲がった角度でおおよそ判断できます。通常、小指が内側に約10度以上曲がっている足は「内反小趾」と診断されるでしょう。曲がりが10度を超えた状態を「軽度」、20度を超えると「中等度」、30度を超えると「重度」の内反小趾と診断されます。

また、症状が中度以上の場合、小指の曲がりに加えて「ねじれ」が発生していることがあります。ねじれて(1)爪が外側を向いている(爪が横向きになっている)、(2)小指が薬指の上に重なっている、というときの症状はかなり重いと考えて、すみやかに整形外科を受診しましょう。

「自律神経」や「胃腸」にも影響が出る!

外反拇趾になる人の約80%は、内反小趾にかかる(あるいは、すでにかかっている)といわれています。外反母趾と同じように(1)足が疲れやすい、(2)小指の付け根が腫れる、(3)靴を履くと強く痛むのが特徴です。そして、痛みなどから足をかばって歩くことが増えると、小指の変形は進行しやすくなります。

タコができると痛みや違和感から足をかばうようになり、歩き方にも影響が出て、より変形が進むようになります。さらに、小指が思うように使えず踏ん張れないため、体が左右にぶれやすくバランスを崩すことがあるでしょう。

その不安定さを体は無意識に、背中・首・腰などを使って補うため、体全体に疲労感をおぼえたり、肩こり・腰痛・自律神経失調症を引き起こしたり、胃腸の働きが低下することがあるので注意が必要です。

原因は「かかと」の骨骼

内反小趾の大きな原因は、「かかと」と「その周辺」の骨格の崩れです。かかとが崩れると足裏にあるアーチが失われ、足の甲がベタッと横に広がった状態(偏平足、開帳足と呼ばれる症状です)になります。するとつま先は、扇状に広がるため、小指が靴に接触して、次第に変形してしまいます。

つまり足裏にアーチのない、甲が広がった足の人が、つま先の細いパンプスやハイヒールを履き続けていると、足指がより圧迫されて変形し、内反小趾になりやすいのです。

ほとんどは「インソール」と「靴選び」で回復!

内反小趾は、テーピングやサポータを使って自宅で治すという人がいますが、まずは整形外科でのレントゲン検査をおすすめします。症状の度合いによって、変形した小指の骨の状態はさまざまで、そこから治療は変わってくるでしょう。

治療のはじめは、靴に「足底板(インソール)」を入れ骨を安定させ、痛みを軽減するとともに、症状が緩和するかどうかを確認するケースが多いようです。室内ではサポータを着用して過ごし経過をみます。

ほとんどの内反小趾は、インソールを入れた正しい靴を履くことで症状は緩和するため、一般的に手術は行いません。靴選びについても、専門医に相談するとよいでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る