ナチュラルキラー細胞を活性化して「免疫力」を強くしよう!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『ナチュラルキラー細胞を活性化して「免疫力」を強くしよう!』をご紹介させて頂きます。

免疫力を高めるとは?

免疫力が高い人は、風邪やインフルエンザにかかりにくく、生活習慣病やがんを防ぐ強さがあるといいます。そもそも免疫力とは、(1)外から侵入してくる病原菌やウイルスを防ぎながら、(2)体内に発生する異常な細胞を除去する、といった自己防衛機能をいいます。

一般的に、免疫力を高めるには、運動・睡眠・ストレスをためないなどの心がけが重要といわれています。ところが近年、体内にある「ナチュラルキラー細胞」を活性化させて、免疫力を高める方法が人々の関心を集めています。

免疫力は、細胞のチームワークで支えられている

私たちの体を外敵から守る免疫システムは、多くの免疫細胞のチームワークによって機能しています。免疫細胞がそれぞれの役割を持ち、外敵を常に監視し、発見すればただちに攻撃と排除を行います。その際に、特に重要な役割を担っているのがナチュラルキラー細胞(NK細胞)というリンパ球です。

NK細胞は、病原菌やウイルス感染、さらに細胞の悪性化などによって体内に異常な細胞が発生すると、チームから先行して単独に異常細胞を攻撃するのが特徴です。いわば初期防衛のスペシャリストといった働きをします。

私たちは「殺し屋」に守られている

NK細胞は、その素早さと、相手を的確にしとめる様子から、「生まれながらの殺し屋(ナチュラルキラー)」と名づけられたのです。NK細胞はふだんは、全身を24時間くまなく巡回パトロールしています。そして、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけると、即座に攻撃をはじめます。なんて頼もしい存在でしょう。

何しろ、私たちの体になかには、毎日約5000〜6000個のがん細胞が誕生しているといわれています。その1つ1つを撃退しているのがナチュラルキラー細胞をはじめとする免疫細胞たちです。私たちの体は、昼間でも夜中でも優秀な殺し屋に守られているのです。

NK細胞を活性化させる「3つ」の取り組み

いかに早く、そして正確に体を守るのか、という考えにもとづくと、免疫力の向上は、初期防衛がいかに重要であるかがわかります。つまり、ナチュラルキラー細胞が活発であればあるほど、体は常に高いセキュリティ体制で守られているわけです。一方で、ナチュラルキラー細胞が失われたり、弱まったりすると、命に関わる大きな病気を引き起こすリスクが高くなります。

さて、ナチュラルキラー細胞を活性化させるために、今日からはじめられる方法として、次の3つがおすすめです。

(1)良質な睡眠をとる
睡眠は、自律神経を交感神経から副交感神経へと切り替え、体をリラックスさせる行為です。人間はよい睡眠をとることで、心身ともにゆっくりと休むことができます。そして副交感神経が働いているときにこそ、NK細胞は活性化します。

(2)普段からよく笑う
楽しく笑うことによって、体内では「神経ペプチド」と呼ばれるアミノ酸が作られます。神経ペプチドは、血液やリンパ液をとおって体中にめぐり、やがてNK細胞の表面に付着します。すると、NK細胞は活性化するのです。

(3)腸内環境を整える
腸には、NK細胞をはじめとする免疫細胞の約70%が存在します。そのため、免疫力を高めるには腸内の健康は欠かせません。NK細胞を活性化させる乳酸菌を含むをヨーグルト、古漬け、ぬか漬を毎日継続して取り入れるのが効果的です。そのほか、大豆、ブロッコリー、舞茸、生姜を積極的に摂取するとNK細胞は活性化します。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る