足のトラブル防止!子どもの靴を選ぶポイントは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『足のトラブル防止!子どもの靴を選ぶポイントは?』をご紹介させて頂きます。

靴選びは「意外と」むずかしい…

小さな子供の「靴選び」は、意外とむずかしいものです。色や形やデザインは、子供に聞くと「これがいい」と答えてくれますが、履き心地については、「うーん」とか「ふーん」とか、どうもはっきりしないことが多いようです。

おそらく、子供はどう答えてよいのか、分からないのではと思います。そもそも親のほうでも、「履き心地とはなにか?」について深く考えたことがないかもしれません。そのせいもあって、「どうせすぐ小さくなるしね」「もったいないから」と、ちょっと大きめのサイズをつい選んでしまいがちです。

子供は元気に跳んだり走ったりが、いわば仕事みたいなものです。子供にとって運動靴は大事な仕事道具ということでしょう。仕事道具は、丁寧に選んであげたいものです。

「覚えておきたい」3つのこと

まちがった靴を選ぶと、子供の場合、足はもちろん、ヒザや腰を痛めることになります。その影響は、自律神経や内臓の働きにも及ぶというからたいへんです。「足の健康は、体や頭脳の発育に影響する」との考えもあるくらいです。

また、外反母趾や内反小趾(足の小指が内側に曲がる症状)など、現代の子供の足に変形が多いとの報告もあります。子供の健やかな成長のために、子供の足について次の3つは覚えておきましょう。

・成長度合いはさまざま、子供の足は個人差が大きい
・子供の足は未成熟、骨が軟らかく変形しやすい
・成長によって歩き方や遊び方は変わる、時期のあわせた靴を選ぶ

選び方の「ポイント」は4つ

靴を選ぶときには、子供の足のサイズを把握しておくことが大事です。足のサイズは「足長(かかとからつま先までの長さ)」、「足幅(足幅のもっとも広い部分の長さ)」、「足囲(親指の付け根から小指の付け根までの長さ)」の3つからなります。小さな子供は足の成長が早いので、約3〜4ヶ月を目安に定期的にサイズを測り、靴がきつくなっていないか確認しましょう。

靴を選ぶときは、試し履きは必ず「両足」で行うようにします。立ったときと歩いたときでチェックします。ポイントは次の4つです。

(1)「かかと」が支えられているか
かかとを合わせて靴を履いてから、つま先を浮かせて「かかと」でトントンと地面で叩いてみましょう。かかとがしっかり支えられているかを確認してください。

(2)「つま先」にゆとりがあるか
子供は足の指で「地面をつかむ」ように歩きます。そのため、靴のなかでも指がある程度動かせるゆとりが必要です。約5mmの余裕があるのが、ちょうどよい状態です。

(3)「足の甲」がフィットしているか
足首を軽くおさえて、靴と足の甲が密着しているか確認します。足に合わせて甲の高さが調節できる、紐かマジックテープのタイプを選ぶとよいでしょう。

(4)歩いたときに「指の付け根」が曲がっているか
人間は蹴り出しのときに指の付け根が曲がるのが自然です。それは靴を履いたときも同じです。実際に数メートル歩いてもらって、靴の底が曲がる位置を確認しましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る