食べた物は、胃の中にどのくらいの滞留する?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『食べた物は、胃の中にどのくらいの滞留する?』をご紹介させて頂きます。

滞留時間を知れば、ダイエットは成功するか?

食べた物は、胃のなかにどのくらいの時間とどまっているのでしょうか? もちろん、食物によって胃のなかでの滞留時間は違うでしょう。

滞留時間の短い食べ物は、消化がよく体にもよいでしょうが、すぐにお腹が空いてしまいます。一方、滞留時間が長い食べ物は「腹持ち」がよくダイエットには向いているかもしれません。ですがそのかわり、胃に負担はかかり、さらに夜は脂肪に変わりやすいという難点があります。

では、胃に優しく、カロリーを抑えながらも腹持ちのよい食事を摂取すればどうでしょう。健康が保たれ、空腹のストレスに悩むことがなく、ダイエットが成功するのではないか、と思えてきます。普段多く摂取する食べ物が、胃のなかにどれくらい滞留するのかを知って、食べ方を工夫すれば、ダイエットにも、栄養学的にも体によいのではないでしょうか。

消化のエネルギーは「フルマラソン完走」と同じ

人間はかなりの雑食動物です。糖質、炭水化物、タンパク質など性質の異なる食べ物を一度の食事で同時に摂取しています。チンパンジーは人間と消化器の構造がかなり近い動物だそうです。ですが私たちは、チンパンジーのように、食事の半分以上を果物で済ますというわけにはいかないでしょう。

雑食であるため人間の体は、食事の消化活動に約1600キロカロリーを費やしています。それは体を維持するエネルギー全体の約70%に達する量です。1600キロカロリーといえば、フルマラソンの完走で消費するエネルギー量に相当します。つまり、食べ物を消化する行為は、フルマラソン並みの激しい運動なのです。

料理方法で「滞留時間」は違ってくる?

私たちが食べた物は、胃で消化され、小腸に運ばれ、やがて排泄されます。食べ物が胃に留まる時間は、食べた物の性質によって変化しますが、通常は食後10分ほどで胃の内容物が小腸に運ばれはじめます。

消化の早い食べ物で約1時間、遅い食べ物では約5時間の滞留時間があるとされています。一般的に日本人が摂取する多くの食べ物は、約2~3時間で小腸へ送られるようです。

さらに同じ食べ物でも、摂取量によって滞留時間に違いがでます。牛乳を例に挙げると、75ミリリットルでは1時間15分、200ミリリットルでは2時間、400ミリリットルでは2時間30分というように、分量に合わせて滞留時間は長くなります。

また、同じ食材でも調理方法によって滞留時間に変化があらわれます。卵は調理して固まると卵白の消化率は上がり、卵黄の消化率は下がるという特徴を持っています。そのため、卵は料理によって、胃のなかでの滞留時間に次のような変化が生じます(卵100グラムの場合)。

・半熟卵「約1時間30分」
・生卵「約2時間30分」
・卵焼き「約2時間45分」
・固ゆで卵「約3時間」

ダイエットに向いた食事とは?

食べ物の組み合わせによって、滞留時間は異なるでしょうが、次のような時間を覚えておくとよいでしょう。

・果物「約20〜30分」
・野菜「1〜2時間」
・炭水化物(白米、パン、麺類など)「約2〜4時間」
・タンパク質(肉、魚、卵、豆類など)「約4〜6時間」
・脂質(乳製品、菓子類など)「約7〜8時間」

栄養や腹持ちなどを考えると、ダイエットには「高タンパク質で低カロリーな食事」がよさそうです。普段の食事は、白米やパン、麺類を抑えぎみにして、野菜と肉や魚、豆類をある程度の量食べるほうが、ストレスの少ないダイエットが続けられるでしょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。