健康的なダイエットで心も体もリフレッシュしましょう!!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『健康的なダイエットで心も体もリフレッシュしましょう!!』をご紹介させて頂きます。

ちょっとダイエットしなきゃ。手っ取り早く痩せる方法はないかな? なんて、考えていませんか? 手っ取り早く痩せるのは、たしかに理想かもしれませんが、体にとっては落とし穴も。ダイエットするなら、健康的にするべき。では健康的なダイエットとは?

手っ取り早いダイエットなんてありません!!

落としたい体重が2キロとかならいいですが、10キロとかを短期間で減らすというのは、体にとっても負担が大きいはず。ゆっくり徐々に落としていくことが大事。
それには日頃の食生活を見直す、というのが一番の近道なんですが、そんなことはわかっている、と思います。一般的に「太る」とされる食べ物、脂っこいもの、炭水化物、スィーツの食べ過ぎはたしかに太ります。ではそれらを少し減らすというのは可能ではないですか?
極端に食事の量を減らすと間違いなく、便秘になります。栄養不足で立ちくらみやめまい、動悸など、体の不調も出てきます。仕事や勉強にも影響します。そういうふうにして減量に成功しても、エステにでも通っていない限り、体のたるみ、ほうれい線、経産婦のようなシワが体に出てくることもあります。
徐々に体重を減らす方法としては、例えばとんかつ定食ならば、ご飯は食べずに、キャベツをご飯の代わりにするなど、油と炭水化物が重なるときは、炭水化物を抜きます。しかし、鍋などで野菜をたっぷり取れるときは、ご飯も食べていいのです。問題は量です。腹7分目を目指します。外での食事のときも、ご飯は少なめと注文するのを忘れずに。

そして、おやつです。あなたの母親は太っていませんか? スーパーどで太っている子供の親を見ると必ず太っています。家の中にお菓子が常備されていないですか? まず、お菓子を常備しない。間食はクッキー1枚とかおせんべい1個、チョコ1切れのように、量を守ります。ケーキなどは行事のときに食べるものと割り切って。
そして、外食でメニューに悩んだら、カロリーの低いものの方を選ぶ。食べるのは腹7分目。これだけで大分違います。
すぐに体重が減るということはありませんが、1ヶ月もすると多少変化が実感できるはず。まずは生活習慣を見直すことをオススメします。

ダイエット法を試すなら限度は2週間!

生活習慣を見直すだけでは全く変化ない!とおっしゃる方、どうしても手っ取り早く痩せたいので、いろいろなダイエット法を試してみたいという方。気持ちはわかります。痩せたら体は軽いし、スタイルもすっきり、なんだか「目」も大きく見える!んですよね。
そんなとき、そのダイエット法は、必ず2週間でやめましょう。例えば同じものを食べるダイエット。効果はわかりませんが、栄養的には2週間が限度です。まず肌が荒れます。髪が抜けたり、何のためにダイエットしたのかわからないです。美を求めているのに、美から遠ざかっています。
また、お肉を抜いたり、炭水化物や糖質ダイエット。これも、栄養不足は免れません。すべての食物は、体の栄養に必要な要素を持っているのです。悪者と決めつけるのは間違いです。やることで気がすむのなら、やってみるのもいいでしょうが、2週間で終了しましょう。それ以上やることで、栄養不足以外にも、精神的にダイエットに寄りかかるようになります。ダイエットしていないと、太るんじゃないかという強迫観念に襲われてしまい、ダイエットを続けてしまいます。そうならないためにも、2週間と期間を決めてするようにしましょう。
サプリは効き目がなければ1ヶ月、ダイエットは2週間を目処に。

食べ物だけではないダイエット!

体重に直結しているのが食べるものですが、ダイエットに効果的なのは、やはり運動と腸活です。ソファーに寝っ転がりながら、ダイエットシェイクを飲んで痩せようというのは、明らかに間違っています。
簡単な運動を毎日取り入れるようにしましょう。例えば駅まで歩く。階段を使うなど、わざわざ時間を作って運動をすることもないのです。仕事場でトイレに行く時に遠回りするなど、歩く距離を増やします。
そして、腸活。それは、便秘をしないで、規則正しい排便のリズムを作り出すことです。お腹周りの贅肉に困っていた方が、便秘が解消されることで、お腹周りがみるみる痩せることがあります。案外、腸が原因のこともあります。
運動することで腸の蠕動運動も活発になり、便秘の解消にも。食物繊維を取り、軽い運動をする、実はこれが究極のダイエット法でもあるのです。

健康的なダイエットとは、腹7分目と運動と腸活。なんだ、簡単なことじゃないか!?と思われたら、さあ、今日から実行ですよ。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る