案外見られている産毛の処理を忘れていませんか?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『案外見られている産毛の処理を忘れていませんか?』をご紹介させて頂きます。

今日は、お友達とお食事会、懐かしい顔ぶれと同窓会など、ちょっとオシャレしてお出かけの時ありませんか? 美容院で髪も綺麗にしたし、洋服も選んだし、メイクも今日はちょっと目元を凝ってみようかしら、なんて思っているのでは? でも、せっかくのオシャレですが、お顔の産毛の処理を忘れていませんか? 案外ほかの人からは目立つものなんですよ。

普段から顔の産毛の処理をしましょう!

大切なパーティのためにというよりは、普段から産毛の処理はされていますか? 特に、更年期以後、女性ホルモンの減少に伴って、間違いなくお髭が濃くなります。その上、老眼が入ってきているので、自分では気がつかずということも多いようです。女性でも鼻の下のヒゲは気になるので、剃っている方は多いと思いますが、お顔全体はどうでしょうか?
そして、髪に色を入れている方は、特に髪と産毛の色の差が激しいとやはりちぐはぐ感があります。
産毛の処理を行うと、メイクのノリが違います。また、顔のお色が一段階明るくなります。私こんなに色白だったっけ?と思うはず。それでなくても、若い頃と比べるとなんとなくくすんだ肌色が、産毛の処理で明るくなるので、どんなハイライトより効果的です。
期間を決めて産毛の処理をするようにすると、自分では気がつかない恥ずかしいお髭も処理できるので、1週間に1度とか期間を決めて顔を剃るようにしましょう。

顔剃りのコツ

初めて顔剃りをするという方は、怖さもあると思いますので、美容院や理髪店で一度剃ってもらうことをオススメします。どれだけ顔色が変わるのかを知っていただきたいからです。よく、美容院や理髪店の前に「顔剃りします」という張り紙があったりしますので、利用しましょう。500円くらいでできるはずです。
また、最近は顔用の専門のシェーバーがあって、それだと優しく綺麗に処理できますので、初めての方にはオススメです。
慣れている方でも、顔剃りの前には、メイクを落とし、お湯で肌を温めて、油分のあるクリームを塗っておきましょう。カミソリはT字型の方が簡単そうですが、お顔の細かい部分が剃れないので小さめのお顔用のI字型がオススメです。刃が滑りやすくする効果と、お肌を傷つけないように、剃る前のお手入れも重要です。天然オイルなども使えます。男性の髭剃りのように洗顔クリームをつけて剃るのは、肌を痛めるので絶対にやめましょう。剃ったあとは、化粧水や乳液で肌を整えてください。なるべく刺激の少ないものを使いましょう。

産毛の処理で気づく眉の処理

産毛の処理をしていると、一番悩むのが眉のあたり。どこまで産毛?どこまで眉毛?と自分でも悩むと思います。この際、今の眉毛がどういう形なのか、雑誌やネットで見てみましょう。眉は時代によって変化します。この際、眉の形も整えてみましょう。
自分で整えるはどうも苦手、という方は、プロの手で一度整えてもらうといいでしょう。顔剃りと一緒にやってくれるところを探すのも手です。
そのほか、眉の型抜きというのもあります。案外簡単に形が整えられるのでオススメです。
ペンシルなどで型をとり、不要な部分を剃るだけです。足りない部分や薄い部分はペンシルやアイシャドウ(ブロー用)などで補います。
また、最近はyoutubeなどで、上手な眉の書き方などをコーチしてくれているので、見るとわかりやすく、自分にも取り入れられそうなことがいっぱい出ています。
顔の産毛の処理と眉毛は切っても切れないので、お試しくださいね。

顔色、眉の形、それだけ変わるだけでぐっと美しさが増します。オシャレは洋服だけではありません。頭の先からつま先まで、トータルされてこそ、オシャレ。小さいことからコツコツと始めてみましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る