きれいな首でいたい!30代から増える首イボとは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『きれいな首でいたい!30代から増える首イボとは?』をご紹介させて頂きます。

年齢があがると出る「小さなポツポツ」

年齢を重ねると、首や首元、デコルテ(胸元)にあらわれる「小さいポツポツ」が気になることはありませんか。そのせいで、襟のあいた服が着にくくなり、オシャレを楽しめないという人もいるでしょう。

このポツポツは、通称「首イボ」と呼ばれるものです。人によっては、まぶた・脇の下・胸・太ももの付け根(鼠蹊部)など皮膚が薄くて軟らかい場所にできることがあります。イボというと一般的には、ウイルス感染すると思われがちですが、首にできるイボは非感染性で、人に感染することはありません。また、特に痛みや痒みも起こりません。
20161222y

気がつくと「たくさん」増えている

首イボは、自分の首に1つできて「これなんだろう」と鏡を見て気になっていると、いつのまにか首にたくさんできてしまうことがあるようです。年齢があがるにつれて「イボが増えてくる」と悩む声も聞きます。「首は年齢をあらわす」と言われますが、一方で首がきれいだと、実年齢よりも若く見えるものです。

きれいな首は女性が女性らしく見えるポイントの1つでしょう。お顔と同じように首のケアもしっかり気をつけたいものです。薄着になる春に向けて、冬場のうちに首イボ対策を行って、春のオシャレをもっと楽しみましょう。
639918

首イボの「正体」はいったい?

では、首イボの正体はいったい何かしら。それは皮膚の腫瘍の一種です。腫瘍といっても「良性の腫瘍」ですから、「できもの」と同じと考えてよいでしょう。必ずしも「取らないといけない」というものではないので安心してください。

とはいっても、「女性の首に小さなポツポツがたくさん」は安心していられる事態ではないですね。首イボは中高年によく見られますが、実際は30歳を過ぎたころからあらわれ始める人が多く、早い人は20代の半ばから首イボに悩むようです。

原因は「摩擦などの刺激」「紫外線」「加齢」によるものと言われていますが、詳しくは解明途中のようです。ただし、(1)中高年に発生しやすい、(2)年齢を重ねるごとに数が増える、という特徴を持つことから、加齢による皮膚疾患の1つと考えられています。
620455

首イボは「3種類」ある

首イボは、鏡でよく見ると1つの種類ではないことが分かります。色は肌色から茶褐色なものまであり、大きさは直径約1~5mmと、それなりに幅広くあります。代表的なものは、次の3つに分かれます。これらは医学的に、見た目や大きさで区別され、治療はそれぞれ異なります。

・アクロコルドン
・スキンタッグ
・軟性線維腫

<アクロコルドン>
首イボのなかでもっとも小さいイボです。直径約1〜3mmと極めて小さく、肌色もしくは褐色をした、表面はあまり盛り上がりのなく、平らで軟らかいイボです。小さいため目立ちにくいイボですが、徐々に数が増えて多発するのが特徴です。

<スキンタッグ>
アクロコルドンより少し大きく、皮膚から盛り上がっているイボです。なかには平らなものもあり、形はさまざまです。肌色、茶色、黒っぽいものがあります。年齢とともに徐々に増えていくのが特徴です。

<軟性線維腫>
直径5mmを超える大きなイボです。単発で、皮膚から大きく飛びでているのが特徴です。摩擦などの刺激で大きくなることがあり、直径1cmの大型も珍しくありません。色は肌色もしくは褐色です。
446204

「小さいイボ」と「大きいイボ」の治療

首イボの治療は、イボの大きさによって大きく2つに分かれます。治療方法によって、通院回数、痛み、治療痕などは異なります。皮膚科の医師の説明を求め、よく相談してから治療を始めましょう。また、費用は保険適用されないものもあります。

<小型イボの治療>
アクロコルドンやスキンタッグなど小さなイボの治療は、次の3つが代表的な治療です。

(1)液体窒素を用いた冷凍療法
超低温(マイナス196℃)の液体窒素でイボを焼いて、かさぶたにして自然落下させる治療です。強い痛みがあり、数回の通院が必要になります。治療痕(色素沈着)が残ることがあるため、医師とよく相談しましょう。

(2)ハサミによる除去
ハサミでイボを切り取る治療法です。多少の痛みと少量の出血はありますが、痕は残りにくい治療です。おもに、スキンタッグの治療に用いる方法です。

(3)炭酸ガスレーザー
テープやクリームなどの麻酔を行ったあとに、盛り上がったイボを瞬時に蒸発させて焼き切る治療です。痛みや出血が少なく、治療痕はきれいなことから、顔の治療に用いることが多い方法です。

<大型イボの治療>
軟性線維腫の大型イボには、おもに次の2つの治療方法がすすめられるでしょう。

(1)メスによる除去手術
直径1cmを超える大きなイボの場合に用いる治療です。局部麻酔をしたあとメスでイボを除去し、傷跡を縫合します。痛みや出血は少なく、一方で縫合痕が残りやすい場合があります。イボの発生場所を考慮するなど、手術を行うかどうかの判断は、医師とよく相談して決めましょう。

(2)炭酸ガスレーザー
直径5mm〜1cm未満のイボに用いる治療です。局所麻酔を使ってからレーザーでイボを焼き切る治療です。

小さなイボの治療は、診断したその場で行うケースがあります。一方、大きなイボの治療は予約をして、後日治療する病院が多くみられます。あらかじめ地域の皮膚科に電話して確認するとよいでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る