間違えた化粧水の使い方がニキビの原因に!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『間違えた化粧水の使い方がニキビの原因に!』をご紹介させて頂きます。

化粧品でお肌のケアに気をつかっているはずなのに、ニキビが出てくる…。
そんな経験をしている人は、多いのではないでしょうか。
実は、間違えた化粧水の使い方がニキビの原因となっているのです!その理由と対策について紹介します。
20161025h

お肌のお手入れは正しく!

お肌のお手入れをしているつもりでも、実際には正しく出来ていない人が多くいます。
もしかすると「洗顔と化粧水だけ」という人も多いのではないでしょうか。
お肌のお手入れを正しく行うのであれば、お肌の働きを補うアイテムを使用し、正しい使い方を知ることが必要となります。
◆化粧水や乳液でお肌を補う
お肌の表面には毛穴がありますが、毛穴からは汗と皮脂が出て天然の化粧水や乳液の役割となり、お肌の表面を守っています。
しかし、年齢と共にこの働きが低下して、乾燥やニキビなどの肌トラブルの原因となるのです。
そこで代用するのが化粧水とクリームというわけです。
メイクや一日の汚れを洗顔で落としたら、補う必要があります。
ニキビはお肌の異常によって起こる症状ですから、正常なお肌を保つためにお手入れは欠かさずに行うようにしましょう。
20161025i

保湿効果のある化粧水を使用しよう!

ニキビはその周辺にテカリがあったり、皮脂詰まったものであることから、なんとなくお肌をサッパリさせれば解消すると思っていませんか。
そのため、さっぱりタイプの化粧水を選んでいる人が多い傾向にあります。

ニキビ対策には保湿が重要
実は、クレンジングと洗顔でお肌の汚れを落とした後は、乾燥しているため、ニキビ対策としては保湿が重要になります。
そのため、化粧水も保湿力のあるものがオススメです。
しっかりと水分がお肌の中にまで浸透するようなものを選んでください。
ですが、何でも良いというわけではありませんので、ご自分に合った保湿力の高い化粧水を選ぶことをオススメします。

◆お肌に水分が浸透する化粧水の使い方
清潔なお肌に、手に取ったりコットンにつけた化粧水を馴染ませます。
軽くパッティングしながら、優しく顔全体に付けていくと、手の甲で触れた時 にお肌がひんやりとしてくるはずです。この状態こそが、「お肌に水分が浸透した」ということです。
20161025g

化粧水後の保湿を忘れずに

せっかくお肌に化粧水を浸透させたのに、そのままにしておくと水分は失われてしまいます。
潤いが無効になってしまうどころか、化粧水を付けた後の乾燥はお肌に大きな負担をかけてしまうのです。
この乾燥こそが、ニキビができやすくなってしまう温床になります。
◆乳液や保湿クリームの必要性
お肌は乾燥を感じると表面のバランスを整えようとして、一生懸命に皮脂を分泌させます。
この皮脂が過剰に出てしまうことで、ニキビが繁殖しやすい環境になるのです。
つまり、化粧水の後は、乳液や保湿クリームで蓋をすることがポイントとなります。
乾燥を防ぐための対策をしておくことで、お肌の潤いが保たれます。
皮脂と水分のバランスによって、お肌は健康な状態が保つことができるのです。
化粧水だけではなく乳液や保湿クリームも、お肌の状態に合わせることができればベストです。
みましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る