女性に多い「橋本病」とは?(慢性甲状腺炎)

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『 女性に多い「橋本病」とは?(慢性甲状腺炎)』をご紹介させて頂きます。

橋本病の「橋本」って人の名前?

橋本病は、海外でも「Hashimoto’s thyroiditis」という呼び名が定着している甲状腺の病気です。何年もかけてゆっくりと甲状腺が炎症を起こします。別名「慢性甲状腺炎」ともいいます。

この病気は、九州大学の外科医であった橋本策(はしもと・はかる)博士が、1912年(大正元年)、ドイツの外科雑誌に発表した「甲状腺リンパ節腫症的変化に関する研究報告」のなかで紹介したことにより、のちにアメリカで「Hashimoto’s thyroiditis(橋本病)」と命名され、国際的に評価されるようになります。

日本人研究者の名前が、病名に使われることは稀です。そのことからも、橋本策博士の功績の大きさが分かります。

「甲状腺」はどこにあって? 何をする?

甲状腺は「のど仏」のすぐ下の「気管」の手前にある小さな臓器です。正面から見ると、羽根を広げた蝶のような形をしています。大きさは男女でほとんど差はなく、縦4.5cm、横4cm、厚さ1cm、重さ18gが一般的なサイズと言われています。

甲状腺の役割は、体に必要なホルモンを作ることです。食べ物(おもに海藻)に含まれる「ヨウ素(ヨード)」から「甲状腺ホルモン」を作って血液のなかに分泌します。甲状腺ホルモンには、食事で摂取した栄養をエネルギーに変えるなどの「新陳代謝」を促進する働きがあります。この働きにより、体に取り込まれた栄養は体内に吸収されるのです。

手足がむくむ、体重が増えるなどの症状

橋本病における甲状腺の炎症は、外部から入り込んだ細菌などによる反応ではありません。何らかのきっかけによって、異常な免疫反応が起こり、リンパ球が自分の体内にある甲状腺組織を「外敵」と見なして攻撃してしまう「自己免疫反応」が原因とされています。30〜40代に多く、男女比は「約1:20」と圧倒的に女性が多い病気です。

甲状腺が腫れて、首が太く見える様子が橋本病の特徴です。腫れがきっかけで診断を受ける人が多くいます。腫れがあっても気管が圧迫されることはなく、呼吸や食事にほとんど影響はありません。のどに多少の違和感がある程度です。

橋本病患者の約70%は、甲状腺機能は正常です。一方、約30%の患者に甲状腺機能の低下が見られ、次のような症状があらわれます。

・皮膚がカサカサする
・顔や手がむくむ
・食欲はないのに体重が増える
・髪の毛が抜けやすい
・寒がりになる
・脈が弱く感じる
・物忘れすることが増える
・月経の量が多い

甲状腺ホルモン濃度が戻れば、運動も旅行もオーケー

これらの症状や「首の前が腫れている」「のど仏の下あたりを触るとゴツゴツした感じがする」など思いあたるときは、内科・内分泌科・甲状腺科を受診しましょう。病院では、
(1)血液中の甲状腺ホルモン濃度の検査
(2)抗体検査
(3)組織検査などによって、診断が確定します。

甲状腺機能が正常であれば、経過観察が一般的です。治療の必要はありません。甲状腺機能に低下が見られたときは、甲状腺ホルモン薬の投与が行われます。そして回復するまで安静が必要になるでしょう。

適切な治療を続ければ、次第に血液中の甲状腺ホルモンの濃度は正常になり、症状はとれて、甲状腺の腫れが小さくなります。甲状腺ホルモンの濃度が正常に戻れば、日常生活を送るうえで制限することは特にありません。運動をしたり、旅行を楽しんだりもできるようになります。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る