毎日のブレイクタイム!コーヒーダイエットとは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『毎日のブレイクタイム!コーヒーダイエットとは?』をご紹介させて頂きます。

ダイエットにもいろいろな方法があります。その中にはコーヒー好きにはたまらない「コーヒーダイエット」というものがあるのはご存知でしょうか。さてこれはどのようなダイエット方法なのでしょう。コーヒーの好きな人でなければできないダイエット法ということになりそうです。今回はコーヒーダイエットについて紹介したいと思います。
20160513q

コーヒーダイエットについて

コーヒーダイエットとは、コーヒーの中の「クロロゲン酸」と「カフェイン」による脂肪燃焼効果を期待したダイエット法です。特に高価なコーヒーでなくても、インスタントでも缶コーヒーでもOKです。しかし一番カフェインとクロロゲン酸が多いのはドリップコーヒーです。カフェインは血行も良くするので基礎代謝も高まると言われています。また、ポリフェノールも含まれていますので、シミの予防効果にも期待ができます。運動する30分ほど前に一杯飲むと、より脂肪燃焼が高まると期待されています。しかしコーヒーダイエットの場合、体がカフェインに慣れてしまうと効果が薄れることもあるので注意しましょう。そのため1週間続けたら1週間休むというようにすると効果が高いと言われています。
20160513p

80度以下の温度で飲むこと

コーヒーダイエットをする時に気を付けたいことですが、クロロゲン酸はポリフェノールの一種ですが熱湯に弱いため、コーヒーを入れると失われやすいという難点があります。アイスコーヒーですと問題はありませんが、ホットコーヒーを入れるときには80度以下で入れるようにしましょう。そして、できるだけ砂糖などの甘みのあるものは入れないようにようにします。どうしても苦くて飲めない時は砂糖の代わりにハチミツを使用するようにしましょう。余談ですが空腹時のコーヒーは口臭にも繋がりますので、できるだけ空腹時は避けるように飲むといいですね。
20160513o

コーヒーダイエットは他の方法とセットで行う

コーヒーダイエットは、他のダイエット法と同時進行で行うのがおすすめです。コーヒーダイエットだけでダイエットをするのは、ちょっと心細いところがあります。つまり運動や食事などダイエットを目的とした行動をとりつつ、運動の前に飲む脂肪燃焼サプリのようなつもりで飲むと良いのではないでしょうか。コーヒーダイエットだけに頼らず、プラスアルファーのダイエット法としてとてもおすすめです。運動前やお風呂の前におすすめですが、入浴タイムが夜襲いときには睡眠の邪魔をしてしまうこともあるので注意しなければなりません。せっかく脂肪燃焼のためにコーヒーを飲んでも、睡眠不足で基礎代謝が落ちてしまってはもともこもありません。しかしコーヒーが大好きな人は、ダイエット中でもほっとすることができ、ストレス解消にもなるのではないでしょうか。
20160513n

最低限の健康管理もしよう!

コーヒーダイエットだけに限らず、どんなダイエット法であっても「○○だけダイエット」はあまり期待できません。「○○をプラスしたダイエット」ならOKなど、1つのことだけで楽に痩せるということはあり得ないことです。食事、睡眠、運動は最低限大切なことで、この見直しがなければダイエットは完成しないのです。

まとめ
そして、いくらコーヒーがダイエットに効果があるからといって1日に何杯も飲んではいけません。最高でも1日5杯程度に抑えておき、4時間おきくらいに飲むと良いと言われています。仕事中や家事、育児などのブレイクタイムにリラックスしながら飲むとストレス解消にもなりよさそうですね。食後にもオススメですが、運動前に飲むのも良いとされています。逆に寝る前は目が覚めてしまうことがありますので、控えるようにしましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る