魚と豆腐にはこんなにもアンチエイジング効果があったの!?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『魚と豆腐にもアンチエイジング効果があったの!?』をご紹介させて頂きます。

魚や豆腐を食べることで、美容やダイエット効果があることは有名ですね。それに加え、様々なアンチエイジング効果があることはご存知だったでしょうか?魚や豆腐は私達の健康維持には欠かせない多くの栄養が含まれています。今回は魚や豆腐をメインとした栄養素に、どのような健康効果が期待できるのか紹介していきたいと思います。
20160512d

お魚は心臓病やボケ防止、美肌効果の促進作用

タンパク質が豊富なお魚ですが、タンパク質が不足すると体の筋肉が減ってしまい、代謝が落ちてしまいます。これは、体の危険信号でもあり、そのまま放っておくと、肌荒れやむくみ、体へのトラブルなどが発生します。タンパク質を摂取するなら豆腐もオススメですが、魚にはタンパク質の他に、優秀な脂DHAやEPA、鉄やタウリンなどが配合さています。これらは、多価飽和脂肪酸の効果としては、脳を活性化させ血液をサラサラにし、血液の流れを良くし、心臓病やボケ防止などを予防してくれます。また、乳がんのリスクを軽減させるなどなど身体に良いことだらけなのです。特に「DHA・EPA」は、脂肪燃焼細胞とも言われ、痩せやすい身体を作り上げると注目されています。お魚の脂は、身体でエネルギーを消費し、摂取したカロリーを燃焼させ肥満を防止します。とくにオススメ魚はサーモンですが、サーモンにはアスタキサンチンという成分が多く配合されており、この成分は高い抗酸化作用があり疲労回復や脂肪燃焼効果、代謝アップや美肌効果の促進作用があります。
20160512c

豆腐はガンや更年期障害、生活習慣病の予防に!

お豆腐には優秀なタンパク質が多く配合されています。タンパク質は、生命の維持に欠かせない栄養素でもあり、筋肉や骨、血液などの細胞や組織を作っている重要な栄養素です。もちろんタンパク質は他の食材にも含まれているかと思いますが、豆腐のタンパク質は他の食材よりも含まれる量が多く、栄養価も高く良質であるというのが特徴です。豆腐タンパクには血圧やコレステロールを下げる作用があり、ガンや生活習慣病予防にも効果的ですし、他にも更年期障害、骨粗鬆症のお悩みの方にもオススメなイソフラボンも多く含まれています。脳や神経細胞を形成する脳の栄養素と言われているレシチン効果で、ストレスも解消され、身も心も元気になると言われています。また、ビタミンやビタミンE、ビタミンB群多くが配合されています。ビタミンEは、血行をよくし肩こりや腰痛などをを改善してくれますし、最近ではアンチエイジングにも効果的だと言われていますよね。ビタミンB群は、脂肪燃焼に効果的で肥満防止に繋がるビタミンとも言われています。トータル的な美容効果がありますので、毎日の食卓にぜひオススメです。
20160512a

豆腐と魚はメニューのバリエーションが多く使いやすい

アンチエイジングに効果のある食材は数えきれないほどあり、どれも効果的な食べ物ばかりで毎日何を食べるか悩むことも多いでしょう。また、これからダイエットや健康を維持するために何かをはじめようと思っている人は、こういった食材の1つ1つの栄養素とその効果を頭に入れておくだけでも、毎日の食事で何を食べればいいのか理解できるかと思います。

まとめ
今回紹介した豆腐と魚は、日本食の代表ともいえる食材です。食べやすく身近な食材ですし、なんといっても安いので、お金をかけずに健康を維持することができます。メニューのバリエーションも多く、毎日食べても飽きないので、とくにダイエット初心者にはオススメです。ダイエットやアンチエイジング効果を出すために、何を食べていいのか分からないという人は、ぜひ豆腐と魚料理からはじめてみてはいかがでしょうか。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る