ステロイドって使わない方がいい?本当のところはどうなの!?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『ステロイドって使わない方がいい?本当のところはどうなの!?』をご紹介させて頂きます。

アトピー性皮膚炎の治療としてよく使用されるステロイドですが、アトピーの人にとっては馴染みのあるお薬ではないでしょうか。ステロイドの使用については、現在でも賛否両論が続いていますが、本当のところはどうなのでしょうか?
20160519j

ステロイドの効果と特性

ステロイドには、アトピーの炎症や、かゆみを抑える効果があります。アトピーの炎症や、かゆみはとてもひどく、かゆくて眠ることができない人もいるほどです。また、掻きむしることで皮膚の表面に膿ができ、肌を露出することもままならなくなってしまいます。このような苦しみから解放してくれるのが、ステロイドです。アトピーにはとても効果があるので、決められている量よりも多く使用してしまう場合があると問題になっています。ステロイドは外部からの成分だけでなく、胎内でも作られる成分です。副腎という小さな器官で分泌される「副腎皮質ホルモン」と呼ばれるものが、別名ステロイドホルモンと呼ばれています。
20160519i

ステロイドの正しい使い方

処方されるステロイドは、その安全性がきちんと確認されています。ですから、使用方法をしっかり守れば危険性はありません。しかし、気をつけて欲しい面もあります。一つは、あまり長く使用していると副腎から出ているステロイドの働きが弱くなってしまうこともあるのです。副腎が自らステロイドを生成する働きが弱くなってしまうと、いっそうアレルギーに敏感になってしまいます。さらに、たくさんの量を同じ患部に塗り続けることによって、皮膚細胞の増殖が弱まってしまい、皮膚が薄くなって毛細血管が浮き上がって見える状態になってしまう症状も出てしまうのです。以上のような副作用の危険もありますが、正しい使用方法を守っていれば大丈夫です。処方される際に、医師や薬剤師のアドバイスをしっかり聞きましょう。
20160519h

ステロイドの使用を控えるためにも体質改善を!

今は、薬に関する知識もインターネットをはじめさまざまなところで簡単に手に入れることができます。中には正しい情報もありますが、過剰に書かれていることもあり、冷静な判断が必要です。ステロイドと聞くと、「使用しない方法」「処方されても断る」といった書かれ方も珍しくありません。けれども、アトピーの症状によっては快適な生活を送るために必要なお薬ですし、適切な使用方法はさほど難しいものではないのです。まずはステロイドで治療を行いながら、日常的にステロイドを使用しなくてもいい体を作っていくことを目標にしてみてはいかがでしょうか。ステロイドは一生使用しなければならないお薬ではありませんので、体質改善を行ってお薬から離れるということも頭にいれおくと良いでしょう。
20160519g

ウソの情報に惑わされないように!

ステロイドには数多くの情報があります。「やめられなくなる」「体のに蓄積される」「皮膚が黒ずんで象の肌にようになる」など、一度はこのような情報を聞かれたことがあるかと思います。ですが、この情報は、すべて間違った情報なのです。例えば、皮膚が黒ずむ理由ですが、掻きむしった部分にお薬を塗り、痒みを抑えると皮膚の状態も落ち着き次第に治っていきますよね。アトピーの跡というのはどうしても黒くなってしまうものです。ステロイドを使用しなくても同じようにくすんでしまうので、ステロイドを使用したから黒ずむということはありません。こういったウソの情報に惑わされないようにしないと、治るものも治りませんので、きちんとした正しい情報で理解することが必要です。

まとめ
基本的にステロイド剤は、厳しい審査を受けて販売、処方されているものばかりです。ですので、説明書の注意事項を守り、正しい方法で普通に使用していれば心配なことは何もないのです。もちろん薬に頼りすぎるのはよくありませんので、上手く利用して、できるだけ短期間で治療することを心がけましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る