夏に向けて気をつけよう!体臭の予防方法は!?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『体臭の予防方法』をご紹介させて頂きます。

これから夏に向けて体臭が気になるという人も多いのではないでしょうか。体臭予防は自分でどうにでもなるものですので、日頃から清潔に保つことを心掛け、食生活の見直しなど内側からケアも大切なポイントとなってきます。毎日の生活の中でできる体臭予防の方法をご紹介します。
20160318f

バランスの良い食事を摂ること

主に、体臭の原因は皮脂や汗など、体の内側から分泌されるものがニオイを発生しています。このような分泌物が悪臭となるか無臭となるかは、毎日の食事によって影響されるのです。まず、食生活で気をつけなければいけないことは、油とタンパク質の過剰摂取です。お肉や、揚げ物、牛乳やバターなどの食べ過ぎには注意が必要で、れらを食べ過ぎてしてしまうと、通常よりも多く分泌物が発生し体臭が強くなってしまいます。ですので、バランスの良い食事を摂ることが第一です。普段の食事は、油とタンパク質を控えめに、緑黄色野菜やきのこ類、豆類を多く食べるようにしましょう。
20160318e

丁寧な入浴を心がけよう!

入浴の方法は人それぞれでシャワーだけで済ませる方や、じっくりと湯船に浸かって疲れを取るなど様々ですね。毎日の入浴方法を見直すのも体臭予防には必要です。まず、シャワーだけで済ませている人は、できるだけ湯船に浸かりじっくりと体を温めることをオススメします。湯船に浸かるのが苦手と言う人は半身浴でも結構です。老廃物をため込んでしまうと汗を掻いたときに体臭が発生します。ですのでお風呂に浸かるのはもちろんのこと、サウナや岩盤浴でもいいですので、とにかく身体を温めて毛穴を開かせ定期的に老廃物(汗)を出すようにしましょう。消臭効果のあるボデイソープの使用も効果的ですので、積極的に使用してください。また、お風呂上りは、体や頭をしっかりと拭いて乾燥させてください。体や頭に水分が残っていると菌が繁殖しやすくなり、体臭の元となりますので注意が必要です。
20160318c

有酸素運動をする

運動不足の人は体の老廃物を溜め込んでしまう傾向にあります。体自体の血行が悪くなるため、分泌物が大量に産生されますので汗を掻いた時に、体臭が強く発生します。この汗は雑菌も繁殖しやすいので体臭が強いのが特徴的です。体臭予防に最も理想的な運動は、ウォーキングやジョギング、サイクリング、エアロビクスなどの有酸素運動です。有酸素運動を行うと汗の性質が変わり、雑菌の繁殖が抑えられるので体臭を予防することができます。なによりも体の新陳代謝が上がるので老廃物も溜まらなくなり一石二鳥です。ダイエット効果もありますし、有酸素運動だったら妊婦さんやお年寄り、どのような人でも始めることができますので無理のない予防方法ですね。酸素というのは私達の体には必要不可欠な存在ですし、スムーズに全身に行き渡ることで細胞の活動に活気ができます。体臭予防のメリットだけではなく疲れにくくなったり、脂肪の燃焼が良くなり、ダイエット効果にもつながります。

まとめ
いかがでしたか?今回は体臭の予防方法について、食事、運動、入浴方法を取り上げました。体臭は夏場などの暑い季節だけではなく、疲労や体調不良が原因で体臭を発生したり、緊張した時に出る汗でニオイが発生することもあります。体臭はそれだけ体の代謝機能と関わっているということになります。自分でできる方法として食生活や入浴方法、運動に気をつけていても、やはり体臭が気になるという人は、クリニックで相談してみるのもオススメです。健康状態もチェックしながら適切な方法で体臭予防をしていきましょう!

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る